こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧やねん

ダービー卿CT

ちょっと苦しかったかグランシルク

割って伸びたがゴール前で止まったね   もしかしたら中山がダメなのかもな

東京や京都のほうが良いのか?そもそもこの血統でマイルなんで、よくわからないな

まぁロベルトが悪くはない、、、   というだけのコトかな

 

ロジチャリスが勝ってキャンベルジュニアが2着と

キャンベルは1人気というのもあって切ったのだから仕方ないな

どちらもダンジグ持ちだがそれが効いたとも思えないので今回はなんというか、実力通りに決まった感じかな?

ロジチャリスはメジャー産駒なのがここでハマった感じか?

 

なかなか堅かった   今回はメンバーに手薄感があったのでこの結果なのかもしれない

もうちょっとなんらかの重賞勝ち馬がいたりしたらオッズもよく動いたのかも、、、

傾向は引き続きで良いだろう   来年も前走掲示板くらいは走れている調子良い馬から買うべきだね

 

 

大阪杯

初代王者はキタサンブラック、、、

つまらないと言えばつまらないね

 

2000mは漠然とだがラップを精査しやすい

1000mが59,6は重賞にしては普通かちょっと遅いくらいか

それでいて逃げたアポジーから二番手ヴァンドールまでけっこう開いたのでヴァンドール以下はスローペース

私はソコソコ流れて前は止まるという読みだったのでこうなるとダメだ   それにしたってマカヒキもアンビも後ろすぎるとは思ったが。。。

 

道中キタサンと武は(しめしめ、、、)だったのではないか?

横綱相撲といった完勝であった、データ的にはハマる   大阪杯はそのほとんどがGI馬が勝利してきたレースなので終わってみればだが大阪杯らしい

GIとしての格好はついた感じ

ただやはりちょっと、、、   もうちょっと速ければナニかは変わった可能性はあると思うが。。。

 

2着ステファノスも血統というよりは先行策が効いた感じで私の評価は高くはならないな

3着ヤマカツは中段からでよく伸びたとは言える   今がピークなのだろう

マカヒキは末脚ちょっと鈍く見えたが後方から4着まで押し上げたのは流石か

能力は見せたがしかしダービーはもうちょっと自在性のようなものがあったと思うんだが?ちょっと終わりかけているのかも

で5着が◎アンビシャスね、、、

実は上がり最速で実は去年勝っているようにこの舞台はアンビにとって一番ハマりやすい条件だったはず   ここ以外はあまり上手でない

ナニをしたかったのかわからないが最後方は悪手だろう

アンビこそ去年みたく出していったら馬券には絡んだと思う

 

それでもキタサンブラックに勝たれていては馬券は当たらなかったが、ディープxミスプロが上がり最速だったコトは大阪杯にとって良い血統である証明となる

来年も意識したほうが良い

また、GI馬が強い!これもかなり意識したほうが良いなあくまで勝つのはGI馬というコトだが

とくに昇格したので来年からもGI馬や実績馬はこれまでよりも多く参戦してくるだろう

格!のようなモノが予想に重要である

 

しかし問題はここからな気がする!

この先6月には同じ条件で鳴尾記念があり、7月には200m伸びて宝塚記念がある

大阪杯はとくに傾向は変わらなかった   この先の二つはど〜だろう?

私は鳴尾なんかは少し距離を変えるんじゃないか?くらいに思っていたのにそのままだ

大阪杯春天   だとか大阪杯宝塚記念とか

負けた馬は大阪杯鳴尾記念宝塚記念のローテとか

鳴尾もそうなのだが宝塚記念もちょっと傾向が変化するかもしれない   GI昇格とはその他の重賞に、とくにローテに影響は出る

ムヅカシくなりそうだな宝塚記念

 

 

GI 大阪杯

2回阪神4日   芝2000m   Bコース

 

んん〜ムヅカシいぞ!色々と!   非常に絞りにくい印象だ。。。

 

ザックリ言うとサンデー直系が強いレースだ

たとえ母系がサンデーの馬でも勝てていない

サンデーサイレンスは日本の王道で、配合によりダートも含めたほぼ全ての距離でGI馬を誕生させてきた恐るべき名血

そのサンデーから生まれた産駒はとどのつまりどの距離が一番ガチだったのか?と言われたら私は2000mだと考えている

もちろん個々に母系からくる適性の差が出るので個々に違ってくるし、少々自分の不利な条件でもねじ伏せてしまう強さをサンデー産駒は持って生まれてくる

それでも私は、おそらくサンデーの血が色濃く出れば出るほど一番の得意距離は10ハロンだろうと思っている

そしてそれを証明するかのようにサンデー直系がやたら強い2000mの重賞がこの大阪杯である

現在はサンデー二世の時代   サンデー直系で王道を継ぐのはもちろんディープインパクト

まずディープ産駒から考えよう

 

私は常々ディープはノーザンダンサー系の牝馬との配合が良いと思っている

大阪杯でも悪くはないはず   ただ去年はディープxミスプロのアンビシャスが勝って◎にしたディープxノーザンダンサーショウナンパンドラは3着に敗れた

パンドラは牝馬であるが秋華賞ジャパンCまで落とした名牝で格の上でもアンビより上だった   似たようなコトが宝塚記念でもあり

’13の宝塚記念では2着にダノンバラードジェンティルドンナが3着だった   注目は両馬の血統で、ダノンバラードはディープxミスプロ

ジェンティルはディープxノーザンダンサーである

大阪杯宝塚記念阪神内回りであり距離も1ハロンしか違わない

というか内回り!これが重要で、内回りなため小回り適性が問われそこがミスプロに合うようだ

もし外回りならジェンティルやパンドラが差しきったと思う   適性のみで考えた場合このコースではxノーザンダンサーの好配合をxミスプロが上回るようだ

適性だけでなく個々の自力もあるから全部そうなるとは言えないが、今回xノーザンダンサーステファノスとダービー馬マカヒキ

ミスプロディサイファと去年の覇者アンビ

この2vs2の4頭がどうなるかは今回一つの見どころである

 

他の切り口も考えたい

父系にも母系にもサンデーを持たない馬   これで馬券となった馬はかなり少なく近年ではエイシンフラッシュトーセンジョーダンだけ

まぁサンデー王国なので当選とも言えるが2頭はGI馬であり格、自力共に上位の馬

今回サンデーを持っていないミッキーロケット、サトノクラウンヤマカツエースはどう見るべきか?

サトノクラウンは海外GIは制している

ミッキー、ヤマカツはサンデー系でこそないが非サンデー系筆頭のキンカメ産駒

ここも注目で今後の予想に重要となってくるだろう

 

母系にサンデーがあるタイプ

スズカデヴィアスとサクラアンプルール

共にキンカメxサンデーでこれらもどうなるのかは興味深い

加えて言えば非サンデー系筆頭のキンカメはミスプロ系なので先ほどのディープの母系がミスプロのほうが良い話とリンクしてくる

キンカメも悪くはないはずなのだ

 

キタサンブラックも参戦しGI昇格ゆえなのか?これまでの大阪杯と比べるとメンバーは豪華となっている

この辺りの路線のなかなかの手練れが揃いJRAも嬉しいかぎりだろう

 

脚質もどう考えようか?とくにアンビシャスが脚質が定まらない戦績をしており今回テン乗りで福永

おそらく先行はしないと思われるがそれだと去年とは違うカタチとなる、去年は前々で決まってパンドラが差し届かなかった感じ

しかしその前までは大阪杯は差し優勢の印象が強いレースであった

はたして今回は、、、?  

昇格となりメンバーも豪華となった   その場合ペースも厳しくなり差し優勢となりそうな気もする。。。

 

私としては、本当はサンデー直系で王道的で4歳あたりの近走成績が良い上がり馬   なんてのがいれば一番狙いやすかったがしっくりくるのがいない

今回サンデー直系は意外に少なくさらに全馬前走を負けている   なかなかどれも狙いにくい!

 

ボヤいても仕方ない、、、   自分の血統分析を信じるか。。。

◎は12アンビシャス

◯は14マカヒキ   としよう

でも勝つイメージまでは湧かないのだが。。。

 

 

3連複

 

12ー14→3,4,5,6,8

 

馬連

 

12→3,6,8,14

14→3,6,8

 

 

 

GIII ダービー卿CT

3回中山3日   芝1600m   Bコース

 

去年は延長組に勝たれたり、前走大敗から巻き返されたりと私の考えていたのとは違った結果になってハズしたが、今年も一昨年までの傾向で買ってみよう

というのも新しい切り口が見つからないのでね。。。

 

基本的には大敗からの巻き返しが無い   好調な馬が好走するレースである

距離短縮か同距離組が良く延長組の好走は少ない

このくらいだ

ただこれだけだと堅めに終わりがちなレースとなるはずなのだがダービー卿はとても荒れるレースである

なんらかの理由で荒れているはずだがその理由がホントわからないレースだ

回顧では、東風S組がOP特別で人気になりにくいからではないか?としたが、なるほど今回も東風の勝ち馬こそ出なかったが2,3着は出ていて

2着のダイワリベラルは人気が無く、3着のロジチャリスのほうがそこそこ人気になっている

どうしても妙なオッズがつくようになってしまうレースなのかな?とりあえずリベラルは逃げ残っての2着であるコトがオーディエンスにあまり評価されてないというコトのようだ

 

新しい切り口が無い   とは言ったが血統的にはロベルトかな?

ロベルト持ちはこのレースはよく走っている

 

なかなかオッズは割れていて皆さん迷っているようだ

私も強気にはなれないが、とりあえず前走で掲示板に載っている馬だけに絞り、うちキャンベルジュニアだけ切ろうかな

血統的にはキャンベルは無くはないがサンデーを持ってないのと去年も1人気で敗れたから

 

◎は8グランシルク

ステゴxダイナファーマー   ダイナフォーマーがロベルト系

づっと馬連しか当たってないしな   今日はグランシルクから馬連に流そ

 

 

馬連

 

8→3,7,10,11

 

 

 

はいはい回顧しまーす

毎日杯

あーさぁー!負けたか

川田の乗り方もどうなのかな?ホントに出足が鈍かっただけだろうか?

まぁそこは実際のところはわからない

単に、アーサー弱いのか?と考えたが上がりは最速が出ている

きさらぎ同様ちょっと馬場が合わなかっただけの可能性があり条件さえハマればメチャ強いかもしれないな

しかし残念ながらクラシックに乗れない!焦ってんじゃないの池江師は?

まだ諦めてはいないだろう   京都新聞杯出るかな?ダービーに出したい場合次走は絶対に負けられないな

 

勝ったアルアインは私の感覚ではそこまで評価できない

上がりが悪い   それは先行したから、二番手追走だったから当然だがその脚質はディープ産駒として疑問だ

ダート的な血は良いと言っておきながら母父ボールドルーラー系で勝たれてしまって驚いたが、まさにダート血統が影響しているような走りをした   あとコース取りが良かった

だがこの先そんなに期待できないと思う   ダートに鞍替えしたほうが面白いんじゃない?とさえ思うよ

 

小頭数だがけっこう綺麗にダート的な血を持つ馬が上位にいてアーサー以外の芝的な馬はちゃんと沈んでいる

うむ、やはりアーサーはまだまだ見限れないな

得意条件でないのによく頑張っているととるほうが正解な気がする

そして来年の毎日杯はダート血統はちゃんと意識して買おう

 

 

日経賞

私のゴールドアクターの見立ては当たっていたワケだ   しかし圏外まで期待!なんて言っておきながらホントに圏外になったのはちょっとビビったが。。。

それは有馬記念を見て感じた   ゴールドアクターは中山芝2500mはガチなはずなのだ

だから本来去年の有馬は勝っていないといけない   負けるにしても前のキタサンも捕らえられず後ろのダイヤモンドにも抜かれ、とくにイイところのなかったゴールドアクター   あの時ちょっと思ったのだ、終わったのかもな。。。と

 

デウスはウザいよ適性だけで入りやがって

先行したし内を進むコトが出来たのも良かった   リピーターだなめんどくさいな

 

◯にしたレインボーラインはレースを見ていて『なんで内をさばこうとしたんだよ誰だ!』と思ったらデムーロだったので素直にしょうがなかったのかと思うコトにする

絶好調なら四角では外を回ったはず   それをせず内をついたのはたぶん自信が無かったんだろう   手応えが悪く距離ロスを嫌ったんだろうな

どうあっても掲示板が精いっぱいだったか   だがデウスだけでも捕らえていたら3単当たったから。。。   口惜しい!

 

勝ったシャケトラはかなり強いね

上がりも最速   ほぼレインボーラインと同じくらいの位置からこちらは外を回っての豪快な差しきり勝ち

強かった、、、   の一言だが、春天に向けてはあまり良いレース内容ではない   まぁ春天は枠の有利不利もあるしそこはまたその時考えよう

 

◎ミライエノツバサはよく粘ってくれた   ありがとう   なんとか馬連は頂けたよ

ステゴ馬場であったのはデカかったろう

 

全体的に世代交代が起こった印象の強いレースだったね

フルゲートにもなり落ち目のゴールドアクターを若駒が破ったカタチ

例えば阪神大賞典なんかは4歳がサトノダイヤモンドのみだったしあのメンバーでは順当に決まってしまう   競馬としては日経賞のほうが断然面白かった

今回は有馬記念上位のゴールドアクターが落ち目だったがためにこの結果となったが来年はまたわからない   来年の日経賞に向けては今年の有馬記念の結果が重要だね

 

 

マーチS

。。。なんだコレは?   とりあえず私が考えていたスタミナタイプなんて話とは全然違うね

スピードタイプだね来てるのはマイル寄りの、これではロベルト持ちの◎ストロングサウザーは無理だ    ◯コスモカナディアンももうちょっと走れない?と思うがほぼ似たような理由で無理だったんじゃないかな?

 

勝ったインカンはそこまでマイラーなワケでもないだろうが、能力上位だったのもあって先行して押し切ったね

そもそも能力高いが7歳なのとここ2戦が散々だったので思いの外オッズは下がっていた   まだまだやれるコトを証明したが、次走レースによってはこれでオッズが上がるようなら切るほうが得策かも

 

ディアデルレイもマイル寄り

芝からダートに鞍替えして東京ダートのマイルを3戦好走しそのダート適性の高さから今回2人気にまでしていた   私は2人気だったから一応買い目に入れたが無いだろと思っていた

さらにはアルタイルも前走東京ダートのマイル戦勝利からここで3着

これは今まで東京ダ1600ならフェブラリーからしか好走馬が出ていなかった傾向に反する

雨のせいかな〜?わからんね

来年パサパサの良ならマイラーは沈むのかもしれないし、その場合またロベルト持ちが走るのかもしれないし、、、

雨関係なくマーチSがマイル寄りレースに変化したのだとしたらロベルトの好走率は下がるだろう   そう言えば雨じゃない昨日の中山ダ1800の1000万下はキンシャサ産駒のワンツーだったな。。。   変化した???

とりあえずインカンとアルタイルはヴァイスリージェントがあるので血統的にはヴァイスリージェント持ちを狙う   というコトだけ来年の予想には使えるかな

 

 

高松宮記念

ミスプロ!一言で言うと内枠でミスプロ!となっているレースだ

1〜4着まで父ミスプロ系   そして5着が1枠2番フィエロ

もう中枠から外はナニもできません!てな結果

これはしかし来年もそうなるのか?ミスプロなのが馬場のせいなら雨の影響があるのかもしれないし。。。

ソルヴェイグは外目に入った時点で終わりだったワケか、、、

シュウジは逃げたからか、、、

 

血統云々は太鼓判は押せない

ミスプロが良いコトはハッキリしたが今回独占したからと言って来年も独占とまでは言えないだろう

確かなのは内枠有利と逃げはダメ!というコト

シュウジは正確には逃げてはいないかもしれないがあれはほぼ逃げ

正確に言うならハナはラインスピリット

しかしラインスピリット、シュウジ、トウショウピストの3頭は逃げたも同然で、3頭共最後の直線で早々に力尽きた

ラインスピリットは父ミスプロ系であるにもかかわらず沈んだのでやはり宮記念では逃げが悪手なのは間違いない

勝ったのは3頭の先行集団の次につけたセイウンコウセイ

勝たれた馬は違ったが、先行馬が勝つ!と言った私のイメージだけは正解か

 

ただ、、、   こんなんでイイのか?と思う

GIである宮記念がこんな極端な枠の有利不利があるとちょっと冷めるよ

大外一気が決まれとは言わないが、というか改修前はそれもよく決まっていた宮記念であるが今はもう間に合わないようだ

外はダメだが内差しは決まるワケだ   今回のドンキのように

しかし岩田はそういう騎乗は上手いよな、、、

外から捲って差しきるコトはあまり無いが内をすくうのは上手いヤツだ   ただそれも内枠発射がデカくてもしドンキが外枠だったなら2着は無かったろう

 

勝ち馬のみパターンのようなものは見えたがはたしてJRA、このままこのような展開になるレースを続けるかな?

もうちょっと色々なんとかなるようにいじってくる可能性とかないかな?そうされるとまたわからなくなるんだが。。、

 

 

 

GI 高松宮記念

2回中京6日   芝1200m   Bコース

 

すっげームヅカシいわ今年は天気からナニから

イヤ今年に限った話でもないか   そもそもスプリントレースの最高峰というのは難解になりがちで、消耗が激しいのだそうな

頑張って頂点に昇りつめてもあまり続かないんだとさ   すぐ衰えが来ると

息が入らないからだろう   中長距離戦のほうが途中必ず息が入るので身体的には楽なんだろな

けっこう毎年『主役不在!』とかアナウンサーは言っている

そうなりやすいワケだ   しかも日本は生産者側が一番狙うのはダービーなのでその辺りに強い血ばかりが残っている

短距離血統がショボいんだね   おかげで日本の短距離馬はなかなか低レベルだと色んな人が言っている

 

ムヅいなぁ〜切り口が見つからない

去年も書いたが宮記念は展開もラップも枠順の有利不利も毎年違っているんだよな

去年なんか酷かったなあの超高速馬場は

珍しくJRAが『すいやせんしたぁーm(._.)m』の声明を発表したよね   だいぶクレームが入ったようだ

私はべつにそれならそれで今年も超高速でやりゃイイと思うのだが、去年のあれはピーカン続きの天候だったため馬場パッサパサになり恐ろしく渇いた馬場が出来上がってしまったと   そんな説明だったな確か

今年は雨がどう影響するかわからないが去年とは全然違うだろう

ウザいー

 

ウダウダ言っているがつまりは、わからん!

暫くぶりだなここまでどの馬にもピンとこないのは。。。

 

過去5年の結果からなんとかひねり出した傾向は

意外とというかスプリント戦らしいというか、そこそこ先行している馬が勝っている

折り返して最後の直線に入った時点で中段くらいから差しきった馬はロードカナロアのみ

後の4頭は少なくとも中段よりは前、さらに言えば番手くらいにつけている馬が2勝でけっこう前にいたほうが良いようだ

ただし逃げてはいけない!

逃げ馬は’13にハクサンムーンが逃げての3着しかない   ハクサンは’15にも2着するがあの時は二番手追走だった

ロードカナロアは相当な強者である   中段差しきりはその高い能力ゆえの賜物か、そのロードカナロアを完封したコトもあるハクサンムーンも相当な先行馬であった

今回そこまでの評価をできる馬は私はいないと思うので勝つのはソコソコ前につけ、かつハナは主張せずきっちり折りあえる馬じゃないかと、、、   必ず先行しそうなのは

セイウンコウセイ

シュウジ

クリスマス

ソルヴェイグ

トウショウピスト

くらいかな?ドンキはもう前には出ないだろう

レッドアリオンなんかもありえるか?ちょっと年齢的についていけなくなると思うが。。。

全然自信はないがこの5頭からなら私の感覚ではシュウジソルヴェイグ

ただ理想はクリスマスなんかにハナに立ってもらっての話で逃げてしまったらアウトだが

シュウジキンシャサキングマン

高速だろうが道悪だろうがなんでもいけそうな配合で優秀なスプリンターになれそうな血統

キングマンボも中京に合いそう

ソルヴェイグはメジャーxジャンポケで不良馬場でこのレースを勝ったコパノリチャードに近い   雨はソルヴェイグの味方かもね

 

どっちかと言えばシュウジかな。。。

◎9シュウジ

◯13ソルヴェイグ

とする

 

さてこの後も激ムヅだ!

ヒモにはペースや展開次第でなんでも来る

前も残れば中段より後ろの馬でもかっ飛んで来るコトもあるので、、、   わからん!

ムリヤリにでもヤマを張ろう

朝の段階で中京は稍重

昼には止む可能性は高くJRAは良発表したがるので良まで見込めるが、そこは高速にもなる完全な良とまでは言えまい

逆に重もありえるかもしれないし、とりあえず上がりはかかるだろう

上がり33秒台を使って好走している馬は評価を下げたい

セイウンコウセイやレッドファルクスは一応おさえるが正直沈んでほしい

メラグラーナは速い上がりで差しきるが今回はその脚は出ない!と踏んで切りぃ!!

おぉぉ   恐いな

その他34秒台で上がって好走しているような馬を拾うコトにしてみる

そこは主観でほぼテキトーになんだけど。。。

 

 

3連単マルチ

 

9ー13→2,3,6,7,17

 

馬連

 

9→2,3,13

13→2,3

 

 

 

GIII マーチS

3回中山2日   ダ1800m   9cm

 

ヤロー   ま〜た出てくんのかよショウナンアポロン

まぁ去年の勝ち馬なワケだからな   今年も、、、てなるよなその後散々なワケだし

去年はしてやられたよ   はたして今年は?

 

回顧をつけているからよく覚えている

なるほど去年の回顧はあくまで推論の域を出ないのでまだわからないが、買ってやろうじゃないか今年も外目差し馬を!

今年はアポロンが逃げてスロー。。。   というコトにもならないんじゃないだろうか?

インカンテーションやコクスイセンがハナに立てばスローはないんじゃないかと、、、?

となるとこれまでのマーチSみたく差し好走となり、その場合外枠有利になりがち

という去年ハズレたのと同じ方向で予想してやる!

 

しかし問題がある   それは雨!

イヤ問題でもないのか?雨が降れば時計が速くなるワケでむしろ差しやすくなるのか?普通はダートは雨なら先行有利だが。。。

妙なレースだよまったく   差し有利で買うが全部というワケにもいかないかもね

 

近年の好走馬のほとんどが前走ダ1800m以上からのローテとなっている

例外としてソロルが前走マイルから勝ったがその前走はフェブラリーS12着からの巻き返し

フェブラリー以外の距離延長組はまず怪しいようだがフェブラリーからならフェブラリーを大きく負けている馬のほうが面白いかも、、、

マーチSはおそらくスタミナ的な能力が求められフェブラリーはGIでもあるし高いスピード能力が必要

フェブラリーのようなスピードレースを好走できないタイプは得てして逆の能力を持っていたりする

 

ロベルトとヴァイスリージェントの血がよく効くようである

ロベルトはとくに好走している   その辺がスタミナ的で例外的なソロルもロベルト系

 

今回ロベルト持ちは2頭でシルクドリーマーとストロングサウザー

シルクドリーマーは今回ダートは3回目   しかし過去3回は3着にもなれておらずロベルト系といえど芝色強いタニノギムレット経由

ちょっと狙えないかな

となると◎ストロングサウザーかな?

枠も最外   中段から前目で競馬したがるタイプだが大外発射ゆえまず前々にはつけれないのでは?

地方回りで久々の中央   しかも相手が楽な地方でそこまで活躍できていないのでだいぶオッズは低い   しかしイメージはしっくりくる

 

◯が悩む。。。

オッズはかなり割れていてみんな悩んでいるようだ

そんな中1人気にもなりそうな11コスモカナディアンを◯としようか

割れてるとはいえ人気なのでひよった予想なようだが私もコレは捨てがたい

ここを走れるかどうかは別の話かもしれないが戦績を見る限り間違いなくちょうどピークが来ているね

 

 

3連単マルチ

 

11ー16→3,9,12,14,15

 

馬連

 

16→9,11,12,14

 

 

 

 

GII 日経賞

3回中山1日   芝2500m   Aコース

 

阪神もそうなんだが中山も連続で開催しているのになんで3回になるんだろ?コースも変わってないし

 

基本的に有馬記念上位馬が参戦したらその馬は馬券になる可能性が高い

当然の話だよな   あっちのがGIで格上だし

去年なんかは完全にそうでつまんないレースだったと思う

ただ今回は有馬記念上位馬となるとゴールドアクターのみとなり、高齢馬もいるが4,5歳の若武者も多くなかなか見応えありそうな気配がする

ゴールドアクターがまた圧倒的な1人気だが私は誰かが負かすのではないかと思っている

穴党としては▲止まりにしたい

春天以外は大きく負けておらず非常に優秀だがピークは来ておりこの先どんどんなのかジワジワなのか落ちていくだけのはず

どうやっても馬券からハズす勇気は湧かないが圏外もちょっと期待してしまう

 

ちょっと血統だけで読み解くのはど〜なのかな?と思うのはトニービンやダンシングブレーブが効いているようなのだがリピーターも多い

間違いなく合っている血ではあろうがそれのみで印を打つのはちょっと危うい   去年それでアルバート本命にしてハズしたかんね。。。

 

脚質がムヅカシい

後方からバシバシ差さった年もあるがどちらかというと四角手前には先団にいたほうが良いと思う

ペース次第なのかもしれないがあまり後方からレースするタイプは買いづらいかな?

当初レインボーラインが気になっていたがレースぶりが後ろすぎるよな、、、

ラインは◯止まりかな?

 

同じような理由で皐月賞ディーマジェスティを切る   ディーマジェも後ろすぎる

私はまだディープxブライアンズタイムの配合を信用していないし、日経賞はディープ産駒で馬券となった馬は母父ミスプロ系のみ

ラストインパクトマリアライトだが共に3着でおそらくディープが足を引っ張っている

条件に合っていないと思う

人気だしゴールドアクターレインボーラインとディーマジェだとガチガチすぎる   来たら諦めよう

 

シャケトラは不思議な戦績だな

まだ5戦。。。   脚元に不安でもあるのか?

戦績少なすぎてよくわからん   しかしかなり期待もあるようで、なんらかの理由でこの戦績なのだろうが関係者は能力高いと判断しているっぽいね

マンカフェ産駒なのはどうかと思うが母系にサドラーズウェルズが入るのはここでは良いと思う

 

◎は11ミライヘノツバサ

ちょっと賭けだが、もし先行有利となるようならミライの粘り込みは期待できる

ただ逃げてほしくない!番手には控えてほしいな

今期の中山はステイゴールドは活躍している

だからレインボーラインだったのだがそれも含めて前につけそうなミライに期待する

今日はステゴと心中する!

 

 

 

3連単マルチ

 

9ー11→5,8,12,13

 

馬連

 

11→9,12,13

9→12,13