こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧

小倉大賞典

 

◎アルバートドックは良かった

戦績から見てこの馬はディープ特有というか、サンデーサイレンス特有の”やる気”がある

2走続けて3着であったが、多少条件が合わなくても一生懸命走る

そんな一面が見てとれたからのグリグリだった

ただしコース取りが内をすくってのもの 危うかったともいえる

しかし血統はディープの好配合と思う

ディープxヌレイエフだが、ちょっとこんど時間のある時にディープの血統をあらためて調べなおしてみよう。。。

 2着ダコール

これでダコールは小倉大賞典3戦全てで複勝圏内

しかしダコールは3戦全てで1枠発射 やはり馬自身も内枠が良いようだし小倉大賞典自体が開催序盤ゆえの内枠有利

というのが効いているのだろう

ラッキーな馬かも

2着に負けたのだからラッキーでもないか

それにしてもディープx2のワンツーとなったが小倉に相性の良い血統は絡まなかった

ディープインパクト恐るべしである

配合次第ではどんな距離でも強いのがでるし、コースも唯一中山が苦手であったが馬場改修以降 走るようになってしまった

とにかくちょっとでも自身に向きそうな条件となったらすぐ走ってしまう

完全にサンデーサイレンスの後継者だ

サンデーほどの衝撃ではないかもしれないが、それはサンデーサイレンスが日本に来た時は他が相手にならなかっただけの話

今のサンデー系が席巻きする現代競馬においてこの結果に文句はつけられない

少し最近ビミョ~な産駒群となってはいるが

それも他の、例えばオルフェーヴルなどに優秀な牝馬が流れていっているからだろう

本気を出せば生産者側は、ほとんどなんのGⅠでも取りにいくことができるはずで

サンデーサイレンスは社台の至宝と言われたが、ディープは2個目の至宝だろう

ちょっとディープ話にアツくなってしまった

ダメだ、、、ハズしてるんだから

3着ネオリアリズム。。。

ネオユニxメドゥレイク メドゥレイクの狙いどころがわからん!

小倉にネオユニが特別良いわけでもないので、メドゥレイクのせいだ!

マニアックすぎる。。。ほとんど見かけたことなんかない血統

トキオリアリティーはディープとのあいだにリアルインパクトを出しているのでまあまあ優秀な繁殖牝馬

そのリアルインパクトも3歳で安田記念を制したと思ったらその後ビミョ~

と思っていたら阪神Cは2連覇するし、、、やはり狙いどころがわからん

一応、名前は憶えておくが完全に適性を見抜くのはさておきちょこっとだけというのでも無理かも、、、

マニアックすぎて数も少なすぎる

困ったもんだ

結果論だがダイヤモンドS小倉大賞典馬連なら当てれていた

配当につられて3連複を買っているが、馬連もちゃんと考えよう。。。

 

 

フェブラリーS

 

まず当日9レース ヒヤシンスSは東京ダ1600mでフェブラリーSと同じ条件

勝ったのはゴールドドリーム ゴールドアリュール産駒

2着はストロングバローズ ボールドルーラー

ボールドルーラー系は好走はするが勝ちきれない印象というとこまで同じ

去年までと傾向は変わっていなかった

 

勝ち馬モーニンを切った理由は前走根岸Sだったから モーニンから考えよう

モーニンの父ヘニーヒューズヘネシー経由のノーザンダンサー

ヘネシーでは過去サンライズバッカスがフェブラリー勝ち馬

しかしもう9年前の話、、、さすがにヘネシーがフェブラリーにハマるとは言えない

また根岸S勝ちからフェブラリーを落とした馬など、いたとしてもかなり遡らなければいないはず

絶対に根岸Sからのローテは良くない、、、しかし完勝であった

これは雨で重馬場となったからだと結論付ける それしか考えられない

バッカスが勝った時は不良馬場だった

今回は重、、、だぶんフェブラリーSで足抜きが良くなるとノーザンダンサー系のスピードが活きるのではないか?そういう結論に達する

ダートではちょっと違うかもしれないが、それでもノーザンダンサー系はマイル以下のスピードタイプが多いから

もちろんモーニンは強いし勢いがあった

現時点で本格化しており、絶好調なのだろう

それでももし今回のフェブラリーSが良馬場であったならモーニンは敗れていたと思う

その場合勝つのは やはりノンコだっただろう

ノンコノユメはトワイニングアグネスタキオンだが

戦績戦法を見てもこれはまずタキオン似でいいだろう

しかし末脚に賭けるその戦法は、ある意味他力本願なところがあるのも否めない

今回も上がり最速の鬼足でモーニン以外は完封できたが、好調のスピードタイプが馬場を味方につけ先に抜け出されていてはあれが限界ということかな

3着アスカノロマンが1番わからない、、、

アグネスデジタルタバスコキャット タバスコキャットはその父ストームキャット

モーニンの父ヘニーヒューズはその父ヘネシーでその父がストームキャット

モーニンの父と同系統のノーザンダンサー系を母系に持つということになる

もしかしたら足抜きが良い場合 ストームキャットが効くということかもしれないが

ちょっとこれだけではそこまで言い切れないかな、、、

前走の東海Sは2番手からの抜け出しで勝ったが地味な印象

だからあまり人気にならなかったのだろうし戦績もなかなかムラがある馬

しかし前走で初重賞制覇で5歳で20戦6勝 アスカもちょうど本格化が来ているのかもしれない 次走注目だ

4着ベストウォーリア 5着ロワジャルダン ここまではアスカからアタマ差クビ差で好走と言えるし納得の血統

唯一のゴールドアリュール産駒コパノリッキーは7着

6歳という年齢による調子落ちかな

特にダートは 歳をとっても地方交流GⅠなら戦えるが中央競馬のGⅠは戦えなくなっていく傾向がある

交流GⅠはスピードは必要なく砂が上手いというようなことが求められるようだが

JRAのダート重賞はある程度のスピードは必要

ズブくなっていく みたいなもんか

リッキーも 年齢によってスピード競馬に対応できなくなりつつあるのか

そうだとすると、交流GⅠでも戦えなくなりつつあるリッキーは条件的にはフェブラリーSが1番合っていると思うので

ここがダメなら もはやこれまで、、、かもしれない