読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GⅢ アーリントンC

3歳重賞の中でも難解な部類に入るのではないか?

それは強豪馬がここを使わないから。。。

アーリントンCは比較的”短距離馬”が集まりやすいレースだ

それはクラシックを展望するような馬がここまでのレースを使う場合、きさらぎ賞共同通信杯を使うので、アーリントンCにはクラシックを狙う強豪馬は登録すらしない場合が多い

なのでNHKマイル狙いの馬や1200mを走る馬がここに出てくるため、これ!といった馬が出走しにくくなっているのだと思う

過去にはその後 世界ランキングNo,1となるジャスタウェイが勝っているレースでもあるが、他はその後高松宮記念を勝つコパノリチャードNHKマイルを勝つミッキーアイルが勝っているのでやはり短距離的な馬のが合っている印象

ミッキーアイルみたいのがいれば買いやすいが今回はそこまでの馬はいない

ある意味荒れやすいのかもしれないが、馬券は取りにくい、、、

 

血統はノーザンダンサー系で短距離的なスピードタイプが合っている印象を受ける

特にダンジグか、、、去年はワンツーにダンジグが入っているし過去にもけっこういる

ファルブラブやカーリアンもいけるのではないだろうか?

あとはグレイゾヴリン系 ミスプロ系かな、、、?

と言ってもこれでは広すぎる。。。

 

戦績からは1400mを戦った馬、特に穴をあけたタイプはそのように見える

また全体的に1400mを勝ったことがある馬も良いように見える。。。

 

このへんを重視して予想していこうと思うが、今回一番ムズカシく感じていることを付け加える

エアレーション!これがやっかいだ!

最近のJRAはエアレーション作業というのをやっているらしく、これによってだいぶ競馬が変わったコースも存在する

基本的にエアレーション作業をすると馬場が柔らかくなりクッション性が高まり?差し馬が飛んでくる事になりがちらしい

さらに作業したり しなかったりしやがるから困る!

開幕直前に行うのだが馬場の硬度を測る機械があるらしく、それの結果次第のようだ

そして東京コースはどうやらやらないみたいだ!

おそらく東京は広すぎて時間かかって間に合わないとか そんなとこだろう、、、

なんだそりゃJRA!できればやめてほしい!!!

、、、そんなグチを言ったところでむなしいだけなので先に進める

アーリントンCは開幕週と短距離馬が多いため、少々内枠先行有利となりやすいイメージがあるがエアレーションでどーなるのだろう?

エアレーション作業は一昨年秋からはじめたようで、はじめたことは知ってはいたがその時はあまり意識していなかったので去年のアーリントンCの馬場はどうだったのか憶えていない、というかわからない。。。

このブログは長期的に競馬を捉えるためにはじめたものなので、来年など今後読み返した時のために必ず記しておかなければなるまい

今回の阪神開幕は、、、

エアレーション作業をおこなっている!

 

1 マディディ

いきなりの穴候補か?

スキャットダービーxストラビンスキー ノーザンダンサー系xノーザンダンサー系だが父系はヨハネスブルクを経由するノーザンダンサー系で短距離的

未勝利、500万下の芝1400で1着3着

がサンデーの血が無いのが痛い。。。

 

4 メイショウカネサダ

タイキシャトルチーフベアハート ダンジグ入りでクサいんだがこれもサンデー無し

戦績も2連勝は良いがどちらもダート1200

ただ血統だけはここに合いそうに見える。。。

 

5 ボールライトニング

ダイワメジャーデヒア で2歳GⅡ勝ちの今回唯一の重賞勝ち馬

ノーザンダンサー色が強すぎる配合だが合いそう

しかし前走朝日杯が負け過ぎ、、、朝日杯からもほとんど馬券となった馬がいないし。。。

 

6 レインボーライン

ステゴxフレンチデュピティ 阪神マイルの500万下を勝っているからこの人気なのだろう

無くはないんだけど、、、やはり長いとこでは、、、?

 

7 シゲルノコギリザメ

こいつにはシンザン記念でやられた!以外にがんばりやがる、、、

スーパーホーネットタイキブリザード でサンデー無し

使いすぎじゃね?てぐらいデビュー以来づっと走らされている、、、

サンデー無しで瞬発力が無いからケガの心配が少なくさらにタフなんだろう

しかしクロッカスSからの好走も過去ないんだよなー

 

8 ロードブレイド

キンシャサデインヒル は血統だけならとても走りそうに見える

しかし新馬勝ちの1戦1勝馬、、、それでこの人気なのか。。。

 

9 レオナルド

アドマイヤムーンxガリレオ ミスプロ系xノーザンダンサー系となる ムーンのへんなとこにサンデーがある。。。

この馬は血統より戦績を評価したい 1400実績じゃなく上がりを

とくに前走シンザン記念を最後方近くから5着にまで上がってきた脚はなかなか

けっこう人気しているのもそのためと思われる

 

10 アーバンキッド

ハーツxスウェイン この血統でこの距離なのなら母父が色濃くでているのだろう

レッドゴッド系は直線長い短距離に向く

またこれも上りが良い 2戦連続上がり最速

 

11 ヒルノマゼラン

ん~なんでだろう、、、?

マンカフェxブライアンズタイム、、、なんでこの距離???しかも新馬戦で1400m勝ち、、、わからん。。。

 

12 ダンツプリウス

これはマジびびったよ!

ブライアンズタイムxマンカフェで上のヒルノの逆でさらに母母父が同じストームキャット さらに父母父がリボー系!

ヒルノとダンツはマンカフェとブライアンズタイムが入れ代わっただけであと全部ほぼ同じ血統!そして並んで出走

わざとやってんのか?て疑りたくなりそうな、、、ここの結果だけでなくこの2頭がその後どーなるのかにも興味津々だよ!

 

13 ビップライブリー

メジャーxフォーティーナイナー はこれまた走りそうな血統!

しかしまた1戦1勝馬、、、

マジ難しいわ今回!

 

14 オデュッセウス

ファルブラブxスペシャルウィーク ノーザンダンサー系xサンデー系でこれも良さそう しかし、、、

好走歴のないクロッカスからなんだよな。。。

 

 

ちょっとこれは、、、

はっきり言ってわからない、、、

普通 開幕週は前残りでアーリントンCもその傾向が強いがどーせわからないのでけっこう思い切った勝負をしてみる

 

◎9レオナルド

〇10アーバンキッド

上がり重視で軸にした ただそれだけ

 

3連単2頭軸マルチ

9-10➝1,4,5,8,13