読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧

チューリップ賞はディープ産駒が弱い。。。と言った矢先に走られました

ホントすいませんディープインパクトさま!御見逸れしました!

 

1着シンハライト

はディープ産駒の中で1番評価していた馬

母父シングスピールノーザンダンサーサドラーズウェルズの系統で、私が思うディープ産駒の好配合の中の好配合という気がする

シングスピールサドラーズウェルズにしてはマイルをこなすスピードタイプが産まれるため、父ディープに母系シングスピール牝馬となるとちょうどマイル~2400mくらいまでのどこかをこなすスピードタイプに出るのではないか?上手くいけば相当な能力を持って産まれてくると思う

久々に血統図だけでワクワクさせられた馬

シンハライトがこの先どーなるかは走ってもらわないとわからないが、とりあえずディープ産駒の中での桜花賞筆頭候補となった

2着ジュエラーは何とも運がない馬

クビの上げ下げでのハナ差負けなので馬主やファンからしたら悶絶ものだろう

が今回も力があることは示した

この2頭にメジャーエンブレムを加えた3頭が桜花賞で人気を争うだろう

 

3着ラベンダーヴァレイ。。。

10人気とはなかなか舐められていたな 私の評価ならディープ産駒5頭のなかでは2番手評価

去年の2着アンドリエッテに近い配合 もし今年ステゴ産駒から買おうと思わなかったならこの馬から買ったかも

 残念なのはディープが弱い、、、とステゴが良いのではないか?とした読み

ウインファビラスの大敗が残念

しかしまだステイゴールド産駒が良くないと決まったようにも思えない

答え合わせはまた来年となるが、出走メンバー次第では、やはり注目であると思う

今回のウインファビラスは唯一の関東馬で輸送があったのも割引だったか?

なんとも煮え切らない結果であった

 

 

オーシャンS

ハクサンの逃げは予想通りであるが、スカイキューティーなどは見事に相手にならなかった

強烈なハイペースにでもなりはしないか?なんて事にはならず、結果ハクサンは2着に残ると

3着も過去好走歴のあるスノードラゴン

単純に好走歴を重視できれば当てれたレースだ

ただし勝ち馬がエイシンブルズアイ

結果から見るととても当てづらい結果だ

 エイシンの距離短縮は魅力であり狙えないことはなかったが、エイシンに関しては中山適性がどうか?が問題であった

結果 あり!だったわけだがなんとかそのあたりを見抜けないものだったか。。。

そこで出てくるのが血統!だったりするのだが、まあ言い訳になるがエイシンブルズアイは外国産馬でたぶんアメリカだろう 海外から買ってきた馬なので血統を強気には読めなかったな。。。

一応、ミスプロ系なので今回オーシャンSのワンツーはミスプロ系となった

もしこのレースを自分の感覚、予想スキルで的中できたとするならば

3着のスノードラゴンから買った場合のみであろう

かなり迷ったあげく軸にとらなかったが、やはりスノードラゴンの好走が一番しっくりくる 軸で狙うべきであった

 

最終的に これ!という馬が自分には見つけられなかったレースなのでハズれても悔しくもなんともないが

軸としたアルビアーノ アフォードの2頭も悪くはない結果となっている

とくにアフォードなど7着なんだが4着~10着までの馬はほとんど差がなくアフォードも勝ち馬から0,5差なので

あれだけ負けていたアフォードを評価したことはべつに悪くなかったかと思う

アルビアーノは中山で狙うのがちと問題だったかも

人気だったし果敢に切っていくのも手もあったか

しかしこのレースは審議があったようなので

スノードラゴン以下か?なにかの不利が働いたようなので、これ以上の回顧は意味ないかもしれない

結果をさんざん見回しても、今の自分にはなにも見つけられないようだし。。。

 

 

弥生賞

 

タイセイサミットとアドマイヤエイカンについては回顧する必要もないだろう

単に実力不足でいいと思う

話すならこの先、GⅠ以外か秋以降だろう

まず3着エアスピ

2馬身離されたのはもはや見ていて痛々しい

そこから5馬身 4着のタイセイを離しているのでエアスピ自体は能力上位ではあるが朝日杯同様、マカヒキ リオンとは完全に戦えていない

GⅠを、賞金を考えたらエアスピはもはやNHKマイルに向かったほうが良いと思う、、、たぶん行かないだろうが

皐月賞 ダービーでさすがに巻き返すというようなことはないと思われる

エアスピはキンカメxサンデーだが、母はサンデーxノーザンテースト

ダイワメジャーと同配合

メジャー産駒の多くがマイル以下に出ている昨今の状況から

単純にキンカメにメジャーの能力が+されたような形と考えるとやはり2000mはギリギリで、マイル前後 下手したらマイル以下

エアスピが本物だったとしてもマイラーの可能性が高く、能力を認めてもリオンやディープ産駒の強豪とはクラシック戦線では戦えないと見る

むしろ戦えないくせにここ同様3着くらいには入ってきそうな厄介な存在になりそう。。。

 

そして問題はリオンディーズとマカヒキ

予想ではマカヒキはリオンより前で競馬すると考えた

結果しなかったが、それでもマカヒキはリオンを差し切った

脚質だけで考えたらべつに問題はない マカヒキはリオンを上回る脚を持っていることもわかっていた

マカヒキ1着は やはりな。。。という感想

ただしリオンは今回少々前で競馬しすぎたか、、、?

本番の皐月賞では馬場が変わってきているのだから巻き返す余地は十分にあり、むしろマカヒキのほうが皐月ではしくじる可能性がある

以外に弥生賞皐月賞に直結しない、、、ということがよくあって、それは開催進んで馬場が変わってくることと、GⅠとなってメンバーレベルが上がるからである

今回スマートに差し切ったマカヒキが、本番で同じようにいかないなんてことは全然あって

そう考えるとまだリオンのほうが泥臭いというか、いい意味で野蛮というか、どこでやってもそれなりに走ってきそうな凄みがまだある

まだまだ上品な感じがするマカヒキ

しかし、、、巨星現るでなかなか迷わせる存在となったマカヒキ。。。

これまではリオンとサトノダイヤモンドの一騎打ちと見ていたクラシック戦線だが、マカヒキ、、、ど~しようか???

 

ルメールはどっちに乗るの?という問題も浮上

マカヒキもダイヤモンドもルメールのお手馬

オッズも左右するこの難問 どういう答えをだすかが面白い、、、また空いたほうが他のジョッキーからしたら大チャンス!

一競馬ファンからしたらこの辺も皐月賞に向けての楽しみな話題だ

 

今時点ではディープ産駒ではサトノダイヤモンドのほうを上と見ている。。。

まだ時間はあるし、スプリングSの結果もあるし

ゆっくり考えていこう。。。