こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GⅡ 阪神大賞典

比較的毎年堅い決着の多い重賞であり、過去6年連続1人気が馬券にからんでいる

ただ内3回はゴールドシップのものなので、今年はそこまで1人気にこだわらないほうが良いかもしれない

それでも阪神大賞典は人気馬が強く、近走では去年の7人気デニムアンドルビーが馬券にからんだ中では最低人気の馬

二桁人気などは狙いづらく、どうしても予想は人気サイド寄りになってしまうだろう

 

とはいえ阪神大賞典は、春の天皇賞に向けてのプレップレースであるはずなのに、春天には直結しない重賞である

最近はそれがバレてきているのか、頭数が集まらずGⅡなのにメンバーレベルが非常に低い

今年も500万下の馬が出馬できている

荒れるとしたならば、低レベル馬の一発か?

 

血統的には サンデーの長距離タイプ トニービン サドラーズウェルズ などであろう

 

 

1 カレンミロティック

ハーツxA.Pインディー 昔は2000前後で戦っていたが最近は果敢に距離を伸ばしてきており、しかも好走している

去年このレースに出ており4着とビミョ~ しかも去年はデムーロが乗っていたが今回は秋山 鞍上割引。。。?

 

2 アドマイヤデウス

アドマイヤドンxサンデー ドンにトニービンが入るのでありだが

個人的には中山が1番ガチだと思っている

 

3 トーホウジャッカル

スペシャルウィークアンブライドルズソング どうやら体が弱いようでコンスタントに使えない弱みがある

能力は高いだろう、しかし血統的には3000m級ではない

ベストは2000~2400くらいか。。。?高い能力を買うか、、、弱い体を嫌うか、、、軸には向かない 万全なら普通に来るだろう

 

4 アドマイヤフライト

マンカフェxトニービン トニービンが入るのはもちろん良いが、マンカフェから好走馬が少なくとも近年はでていない。。。

ダイヤモンドSもそうだったが、これはとても重要なことのような気がしていて、なにか新しい扉が開きそうな、、、マンハッタンカフェはなにかを教えてくれそうな気がしてならない種牡馬

ダイヤSで書いた通り マンカフェ産駒は京都の長距離は走る

しかし東京のダイヤモンドSやこの阪神大賞典がからっきしなのはなぜなのだろうか。。。?その理由がわかれば予想のレベルアップにつながると思うのだが、わからない。。。!

マンカフェはサンデーxリボー系である

リボーの血は長距離ご用達の血である

なのでマンカフェ自身も春天有馬記念を制したし、産駒は多種多様に出ているが基本芝長距離血統だ

が東京、阪神の3000mに弱い!強くても良さそうなイメージが湧くのになぜなのか???

フライトは今回の阪神大賞典もある意味注目の馬だ

 

5 マイネルメダリスト

ステゴxアサティス 血統だけ見ると合いそう

美浦管理なのが痛い ゆえに阪神に登場する機会が少ないからわかりにくい

たぶんいけるので、好走できなかったら年齢か単に弱いということ

 

6 タンタアレグリア

ゼンノロブロイxStuka とてもビミョ~な血統で厄介な存在だ

そこそこ人気になるし、それでいていつも着順はビミョ~。。。

これで長距離をこなすんだから、母母父のサドラーズウェルズが効いているのだろう

 

8 ストロベリーキング

ハーツxウォーエンブレム クラスが500万下の今回最弱の馬でしかもダート

買わないがふれておく

この馬には母母父にリアルシャダイがある

ロベルト系で中でもリアルシャダイは入るとその馬は長距離馬となってしまう!と言われるくらい影響力の強い血だ

おそらくストロベリーにも弱いながらも長距離の才能があるはずだ しかし阪神大賞典は、、、ロベルトも効かない!

これがまた不可解だ かつてはアドマイヤジュピタというリアルシャダイ持ちが勝ったこともあるレース

しかしいつのまにか阪神大賞典は、ロベルト系が走らないレースとなってしまっている

さきほどのリボーの話にも通ずる意味不明な現象

このストロベリーは弱すぎて話にならないが、フライトやストロベリーはトニービンも入る

この馬もどういう結果となるか、興味深い1頭である

 

11 シュヴァルグラン

ハーツxマキャベリアン 近走好調で人気だが仕方ない

どーやってもこの馬からとなる

 

 

◎11シュヴァルグラン

どうやっても馬券が堅くなってしまうので、ちと不安だが3連単にする

 

3連単

 

1着11シュヴァルグラン

2着2アドマイヤデウス

3着1,3,4,5,6

 

1着11シュヴァ

2着1,3,4,5,6

3着2デウス