こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧

ファルコンS

 

不良馬場だから前が残るんじゃないか?の読みが大ハズレだった!

これはすごい 前半3ハロンが33.3秒。。。 なにしてくれてんのかミスキララ!

いったいどーいうつもりだったのか鞍上松山も、、、どーやら相当気が強いのかミスキララはシゲルノコギリザメとのハナ争いを制すためにレースそっちのけのバカっ速いペースを作ってしまった あんなので最後までもつわけね~

結果’14パターンでサンデー系のワンツー

ただし不良ゆえの傾向が少しでたようで、ワンツーしたトウショウドラフタ ブレイブスマッシュはどちらもネオユニ経由のサンデー系である

この辺わからなくもない ネオユニがもともと中山なんかの上りがかかるコースが得意なので、今回の展開はもってこいだったはずだ

勝利ジョッキーインタビューでは田辺はもうちょっと良い馬場のほうが良かったみたいな事を言っていたが逆だろう

これだから勝てたので例えば良馬場のスローペースだと好走したかもしれないが、勝ち切るのは怪しいと思う

しかし上がりはかかっていて、上がり3ハロン38.5だ

最後ドラフタは完全に頭が上がっていてキツかったんだろう 相当ダメージが残るんじゃないだろうか?はたしてNHKマイルまでに疲労は抜けるか??

ブレイブスマッシュも馬場の恩恵をうけたくちだろう

今後活躍ははたして。。。て感じ

おどろいたのがシゲル

あのハイペースを2番手追走で最後残っているのだからもしかして、、、勝ててはいないのだけどかなりの大器かも???

今後も注目だ

注目と言えばミスキララもそうだ

あの初速は無い おかしな馬だ 頭おかしーよあの娘

がこういう個性的な逃げ馬は負けやすいため人気になりにくく それでいてハマったら来ると思う

このまま芝短距離か、、、ダートに戻るのか、、、かりに戻ってもダート短距離だろう

ちょっと芝短距離路線を進んでほしーなぁ~ あんなのいると面白くなるよ

なんにせよ不良だったのも含めて あまり今後のレースや来年のファルコンSについて参考になるようなレースではなかったと思う。。。

 

 

阪神大賞典

 

このブログを始めて初めての的中

まぁうれしくないことはないんだけど、、、堅すぎる。。。

3連単3千円て。。。仕方ないかさんざっぱら自分でも堅い重賞て書いてるし

当たったことを素直に喜ぼう

近走好調で後方から脚を使う トニービンが入るハーツ産駒シュヴァルグランが人気に答えての勝利 もうこれしかないくらいの馬だったが勝ってくれて良かった

しかし春天が難しくなりそうだ!

血統的には春天もいけそう、、、しかし春の天皇賞阪神大賞典からのローテが良くない

これどーするか、、、まぁまた春天の時考えよう

2着タンタアレグリア やはりサドラーズウェルズが入ると来る

というかタンタ自体がサドラーの影響が強く出ているのだろう

この血統なら3000は無理でもおかしくないので、走れるのだからサドラーのおかげだろう

3着がシュヴァルと一緒に軸にした アドマイヤデウス

前2頭には離され4着との差もクビ差なので危なかったのだが最後になんとか抜け出していた

あそこをデウスに諦められていたらこっちの馬券はハズレたので感謝

しかし見事なトニービンサドラーズウェルズ馬券で、これだけ買ってりゃ今後も当たるんじゃね~か?と思える 今後も変わってほしくない傾向だ

しかし全部が全部好走したわけではない

サドラーズウェルズ持ちはタンタ1頭であったが、トニービン持ちは他にカレンミロティック アドマイヤフライト ストロベリーキングの3頭いた

ストロベリーはこのメンバーでは最弱 そもそもダートを走っていた馬がこの挑戦はちょっと無理がある

シンガリ負けは仕方ないだろう

カレンは評価はむずかしいが、阪神大賞典は後方から脚を使う馬に向いているレースのようだ

血統が向いても好走できなかったのはそのあたりではないだろうか?

そしてフライト。。。9着と大きく負けた

やはり走れなかったか。。。という印象だが、どうとらえたら良いのか?

通常血統で読む場合 この血が入るから割引、、、というような見方はしない

父がマンカフェだろうが母にトニービンが入るのなら買いとなる

少し後ろからすぎたか?と言えるがそれにしても伸びていない

マンカフェは割引 としても良いのだろうか?まだまだわからないが少なくとも良くはない

これは今後も注目していく部分だ

最後にトーホウジャッカル

キビシかったか かわいそうに7着と大きく負けた

まだまだ本調子ではないようだが、やはり距離的なものもあると思う

東日本大震災の日に生まれていたり、体質が弱いなかなんとか頑張って奇跡的に菊花賞馬となったドラマ性の高い馬

こういう馬がいると競馬が盛り上がるので、GⅠ馬だから下手なレースには出せないということでの阪神大賞典だったんだろうが、もうちょっと楽なとこからリスタートさせてもう1回ぐらい花咲かせてほしい

 

 

スプリングS

 

 こちらも的中!よかったなこの日は ま堅いんだけどこっちも

的中とはいえ3連複であり、1人気ロードクエストは3着なんだからこの結果なら馬連3連単を仕留めたかった

しかし勝ったマウントロブソン

ディープ産駒、、、勝つとは思わなかった

母系にノーザンダンサー系が入らないので個人的には推せない馬になるが、ディープxミスプロ系は内枠に入ると走る傾向がある

マウントロブソン的には最内発射は良かったんだろう

2着マイネルハニーは頑張ったね 私の評価は3番手の▲で逃げ馬が連対が無かったから そこだけが気になって少し評価を下げたがとても来そうに見えていた

年々先行有利となってきているスプリングS、ついに逃げ馬連対 来年は勝ち馬が出るかも!?

そして3着ロードクエスト、後方から競馬する脚質が仇となったようだ これを、後ろから競馬してよく来たな!ととるか、、、もうちょっと自在性は無いのか、、、ととるかはビミョ~なところ

強い馬はある程度なんでも出来るはずで、ロードも本物であるならば少なくとも中段くらいにつけて競馬できるはず

例えばブエナビスタは後方から競馬することが多かったが先行することもできた

ディープインパクト武豊がそう乗っただけで、おそらく先行しようと思えばできたはずだ

ロードクエストにも出来れば多少の自在性が欲しいところ、、、このままの追い込み的な脚質では取りこぼしも増え勝ちきれない なんともビミョ~な馬となってしまう

乗った池添に聞いてみるのが1番だが、そんな池添も信用ならんけど

 

マイネルハニーとロードクエストは共にマツリダゴッホ産駒

少しマツリダゴッホの血統を紐解いてみよう

マツリダゴッホはサンデーxボールドルーラー系の配合となる馬

似た配合ではアグネスタキオンとなる タキオンに近いイメージで良いと思う

タキオンからはディープスカイというダービー馬も出たし、ダイワスカーレットという女傑も出た

ゴッホもそれなりの馬は出るはずだ というかロードクエストは、ディープスカイに近い配合なのだ

ディープスカイタキオンチーフベアハート

ロードクエストはゴッホチーフベアハート まあタキオンに入るボールドルーラーゴッホに入るボールドルーラーは系統こそ同じというだけで違ってくる部分もあるだろうし、母系のチーフベアハートも全く違うチーフ産牝馬

それでも個人的にロードはディープスカイに近いイメージで見ている

秘めたポテンシャルは高いはずだ

ディープスカイNHKマイルとダービーを制した馬 その他のGⅠは好走止まりだったが強豪ひしめく時代でその好走はなかなか価値はあると思う

この敗戦でロードの人気が下がるなら、むしろこっちは狙う気が湧いてくる

今後のロードクエストに期待だ

 

その他、ドレッドノータス ハレルヤボーイは7,8着と案外な内容

ドレッドはハービンジャー産駒でしくじってほしかったが見事にコケたな

ハレルヤはトーセンファントム産駒 どちらも中山いけそうな種牡馬だが、たぶんこれは距離の問題かな?

どちらももうすこし長い距離のが良かったのではないだろうか?弥生賞にしとくべきだったんじゃないだろうか まぁリオンディーズを嫌ってここだったんだろうが、残念である

 

 

 

フラワーC

 

阪神大賞典スプリングSを当てて喜んでいる場合じゃない

こういうレースを当ててなんぼの競馬なのだ

とはいえフラワーC!これは当てづらい結果だ。。。

そもそも最初に書いたように、フラワーCはメンバーレベルが低ければレースレベルも低かったと思う

エンジェルフェイスは逃げ切り勝ちだが、いわゆる生粋の逃げ馬なワケではないのでこの逃げ切り勝ちは相手が弱かったからできた芸当ではないだろうか?

それでもエンジェルの今後に期待だ

エンジェルフェイスはサンデーサイレンスを持たないぶん、どこでも通用するわけではないだろう

しかし姉レディアルバローザと同じく、ここは!というコースでは走ってくると思われる

戦績の付き方によっては良い穴馬となりえるだろう よく吟味していかなければならない馬だが、それこそ来年の中山牝馬Sとか 出てきたら面白いわけだ

2着が軸としたゲッカコウ 血統というよりもゲッカコウは、気持ちの強い馬みたいでその気持ちを買った

頭も良いのではないだろうか?理解力があるというか レースで活躍すれば周りのみんなが喜んでくれることをわかっているのだと思う

べつに全ての馬がレースで勝てばイイことくらい理解しているのだが、気持ちの弱い馬はレース中諦める その点ゲッカコウは諦めない、頑張ってしまう娘なのだ

非常に牝馬らしいというか、牝馬にこの手の一生懸命な馬がたまに出る

健気なのだ

ホエールキャプチャなどがその典型であろう

ホエールは結果ヴィクトリアMを勝った馬 マイルくらいがベストだったはずだが牝馬限定戦なら長距離も好走した

これはホエールが気持ちで走っていたからで、普通このようにはいかない

ゲッカコウにもその匂いがする。。。ただ残念なのは、血統は弱い

ロージズインメイシンボリクリスエスxサンデー

一応サンデーが入るがその他がショボい。。。

少々重い馬場のコースのが良いか?距離も短いほうが良いだろう

この娘も頭の片隅には入れておいたほうがよい馬だ いずれその気持ちで大穴をあけるかも。。。

さて問題は3着ウインクルサルーテ これがなぜ買えなかったか。。。だ

ハービンジャーxサンデー スプリングSでハービン産のドレッドノータスしくじった!と喜んでいたらこちらではしてやられた。。。

新馬勝ちの1勝馬ということで舐めていた

戦績のほとんどが牡馬と戦わせていて、しかも長い距離を使われている

陣営が距離長めと判断しているのだろう

 長距離タイプが穴をあけることはわかっていたが、これまで来た長距離サンデーやロベルトやミスプロすら持っていない ハービンジャーで来られてしまったからなこれは手が回らないよ。。。

もし買えるとしたら、、、それは思いきってキンカメxサンデーの非サンデー系王道配合の馬たち フェイズベロやルフォールを切った場合に買い目に入れることができただろう しかしその選択は勇気がいる!

でも実際それらは走っていないので、結果論だがそうするべきだったのだ

これは来年のフラワーCに向けて重要な部分だ キンカメは来るがサンデーとの掛け合わせでないほうが来るなんて。。。 キンカメの良血でも好走の下地が無い馬は切って良いようだ

しかしあくまで好走の下地が無い馬ということだと思う

そして穴をあけるのは長距離タイプ。。。変な重賞だよ

なんとかこういうレースを落していかねば。。。日々精進だ!

 

 

さて今週も4つ重賞があり、うち1つはGⅠ高松宮記念となる

そして今週は4重賞のうち1番荒れそうなのが高松宮記念である

先週は堅かったがなんとか当たったレースもあるのだ

この調子で今週もなんとか攻略したい!