こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GⅡ 青葉賞

ここ3年、前走が芝2200m以上の馬しか馬券になっていない

4年前で前走2000mだったフェノーメノが勝ち馬

5年前は前走1800mの馬が2,3着

つまり青葉賞はだんだん距離適性が伸びてきている

 

こう書いたとたんに1800m組などに走られたりするのも競馬だが、しかしこれは予想するにあたって大きなファクターだと思われる

今回も前走芝2200m以上組を重視したい

それはエアレーションの影響も含めて、馬場が重いことは距離適性の短い馬には+にはならないと思うから

 

血統面では比較的タフな血統が走っている印象だ

ディープ産駒も好走はしているが、過去5年で1頭しか勝っていない

これはやはりタフさを象徴する ディープが非力とは言わないのだがこのレースに関してはもっとパワーに富んだ種牡馬に向くと言える気がする

サンデー系ならステゴやハーツやロブロイのほうが向く印象

他ロベルトや、今の東京を走るキングマンボなどを意識して択びたい

 

 

3 ロスカボス

キンカメxサンデー

前走 芝2200mOP すみれS3着

母父サンデーといっても母はマンハッタンセレブというマンカフェ配合の母

キンカメがマンハッタンセレブの影響をどれだけ受けるかが重要だが、意外なことにマンカフェ産駒もこのレースは馬券になっていない

しばらくマンカフェは種付け数が少なかったのでそのせいかもしれないし、向いてないのかもしれないし、とても難解だ

キンカメがキングマンボ系なので買いのジャッジになりそうだが、キンカメ自体も2000m以下のほうが良いタイプなのでとても悩ましい1頭

 

4 レッドエルディスト

ゼンノロブロイダルシャーン

前走 芝2200m500万下 大寒桜賞1着

血統は重い印象を受けるし、前走前々走 上がり最速で勝っているのが好印象

また大寒桜賞は3年連続馬券対象馬を出しているのでとても買いたい1頭

 

6 ヴァンキッシュラン

ディープxガリレオ

前走 芝2400m500万下 アザレア賞1着

これが面白い1頭 というか私はアザレア賞を見て笑ってしまった!

アザレア賞ではヴァンキッシュランは最後の直線に入ると左に顔を向けて物見をする

ワーワー言っている観客が気になるのだろう 鞍上デムーロがそのつど口向きを直すのだがヴァンキッシュはど~しても客席を見てしまう!左を向いたまま伸びているのだ

人間が気になるのか注目されてはしゃいでいるのかわからないが、子供なのである

この時期の3歳馬は成長途上のためまだ幼く遊び感覚で走っていたりする ヴァンキッシュランなんかはまさにそうなのだ、しかしこれが侮れない

つまりヴァンキッシュランは遊びで走って勝っているワケで、本気を出したらとても強いかもしれないのだ

血統はディープxノーザンダンサー系となる 私が推奨するディープの好配合でもある

ちょっと面白い馬だ ここでどうこうもそうだが、今後もちょっと覚えておこう

 

7 マイネルハニー

マツリダゴッホナリタブライアン

前走 芝1800mGⅡ スプリングS2着

ナリタブライアンがロベルト系だが1800mからのローテがどうか?

逃げるかそうでなくとも前に行くのでその点も割引したい

 

9 アルカサル

ドリームジャーニーロックオブジブラルタル

前走 芝2200m500万下 水仙賞1着

目を引く。。。 それは配合がこのレースを勝ったフェノーメノに近いから

ただし裂蹄したらしく調教もろくにできなかったというニュースがあった それが迷わす

中山を2戦2勝で東京替わりがどうかだが、ぜひ買っときたい1頭

 

10 ノーブルマー

ジャンポケxシルバーホーク

前走 芝2400m500万下 ゆきやなぎ賞1着

これがマイネルハニーとハナを争うこととなりそうだ その点でやはり買いたくなくなる

 

11 メートルダール

ゼンノロブロイシルバーホーク

前走 芝1800mGⅢ 共同通信杯3着

初速が遅くいつも後方からとなるため私はこの馬は長距離馬だと踏んでいる

ローテは悪いかもしれないが買っときたい

 

12 プロディガルサン

ディープxストームキャット

前走 芝1800mGⅢ 東スポ2歳2着

出ました!毎年ハイレベルな馬を送り出すディープの好配合中の好配合

そして1人気

しかしローテが。。。 あえて、、、切ろうと思っている

 

13 レーヴァテイン

ディープxハイエストオナー

前走 芝2400m 3歳500万下1着

母はレーヴドスカー 呪われしレーヴ一族。。。

一族からはレーヴディソールが2歳牝馬GⅠを勝っている レーヴァテインの姉だ

なので一応GⅠウィナーは誕生している しかしレーヴ一族は好走しGⅠに近くなると必ず怪我や病気となりあと一歩のところで終わる。。。 というジンクスがありそれが呪いだとウワサされた ディソールもチューリップ賞を勝った時骨折し、桜花賞を諦めざるをえず、その後復帰したがほとんど走らなかった

呪いは大袈裟で、どうもレーヴの仔は残念ながら身体が弱い仔が産まれるようだ

レーヴァテインもそのようでここまで2戦2勝だが、体質が弱くなかなか使えなかったようだ

能力ある馬は出るのにGⅠには届かない。。。 ここはGⅡ いけるのかもしれないが、私は切らしてもらう 配合も良くはないと思う

 

 

◎4レッドエルディスト

は勝てるかどうかは果たして。。。 3着以内率が高しと見てのグリグリ

〇9アルカサル ▲6ヴァンキッシュラン

と印はつけたが今回はあえてプロディガルサンやレーヴァテインを切るのでなかなか絞れた

なので馬券はBOXにする

 

3連複BOX

 

3,4,6,9,11