こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧〜 ダメダメだ〜

京都新聞杯

 
スマートオーディン。。。来るか!
無理だと思ったんだけどな〜  レベルが低かったコトが功を奏したのだろうか?
もしもオーディンが長距離いけるとなるなら、母父アルザオのせいだろう
しかしよくわからない重賞だ
一応、重賞OP組が上位に来ていて未勝利勝ち上がり組は下位に沈んだため
ある程度の傾向通り  とは言える
いくら穴狙いとはいえ未勝利勝ち上がりの馬からはちと無理があったか。。。
経験的なモノが物を言うのかな?
来年はその辺りは意識して買おう
 
 
 
マズいな。。。
えらそーに  新潟大賞典新潟記念の両制覇は無理!
とか書いたワケだが、勝ったのがパッションダンス!?
去年の新潟記念勝ち馬。。。!
これはマズイ。。。
ちょっと考えをまとめとこう  なぜ新潟大賞典新潟記念はリンクしないのか?について
 
結論から言えばズバリ【馬場が違う】からなのだが
新潟大賞典はこの時期の開幕2週目に行われる
基本的には馬場が良いのである
新潟記念は夏の新潟開催の最終週に行われる
基本的に馬場が悪いのである
その馬場差が両レースを制覇する馬が誕生するコトを阻んでいて、そこに【唯一無二】加減が現れるのだ
過去、両レースを制覇した馬はパッションダンスしかいない
しかもパッションダンスは2年またいでの制覇で同一年度に制覇できた馬は1頭もいない
先に新潟大賞典を制覇し、2年後新潟記念を制したパッションダンス。。。
それがここへ来て8歳にしてまた新潟大賞典制覇かよ!?
これはキツイ。。。
ホント競馬って悩ますよなぁ〜
 
今開催は直前にエアレーション作業が入っている
これは新潟競馬において  ここしかない!くらいのタイミングだ  たぶんこのまま今年新潟にエアレーションが入るコトはないと思われる
エアレーションが入ると馬場のクッション性が増すので時計がかかる
もし夏にエアレーションすると、新潟開幕の  アイビスSDの時計が落ちてしまう
なので夏開幕の前にエアレーションが入るコトはありえない  雨でもなくアイビスの時計が遅いコトはJRA的には絶対に避けるべき事態
というかアイビスから逆算しての今期のエアレーションのはずだ  今やっておいて馬場に入った空気が夏開幕ごろには抜け、アイビスではバカッ速い時計が出るようにと
そういう寸法のはず。。。
新潟は、晴天が続いて馬場乾燥、芝良好とかにさらにスローな上がり勝負的な展開が絡むと
下手したら上がり31秒代が発生する
そのような時計が出るコースだ
今年の新潟記念の日の馬場状態がどうなのかは当然まだわからないが、先週の新潟大賞典の日とは絶対的に違うはずだ
おそらくパッションダンスはこの夏の新潟記念には出馬する。。。  どーしよう???
自分を信じて切りたいが、しかしパッションだけがこの新潟のGIIIを3回も落としたというコトは
かなりの新潟適性があるというコト。。。
それしか考えられない!
これは難問だぜー
まったく  競馬を長期的な視点で捉えるためにはじめたこのブログだが
ホントにホントにうまく事を運ばせてくんないよな競馬って‼︎
つまづくぜ〜  つまづかされるぜこのままでは!
そういやダコールもそこそこ走ってたな
4着だが、、、外枠発射でそんな走れまいと思ったが?
パッションダンスもダコールも、ディープ×ミスプロ
新潟2000mに関してはこの配合がイイのかも。。。?
まぁイイや  また新潟記念の時考えよう
 
 
NHKマイルC
 
先週の3レース中、1番正解に近づいたレースはこれか
当てれなかったが。。。
しかし傾向通りではあった
 
勝ったのはメジャーエンブレム
メジャーエンブレムを短距離馬?と評したのは間違いかも。。。 たぶんマイル~2000mまでの中距離馬かな?まだわからない部分もあるが、、、カレンブラックヒルの女版で良いのかも
2着はロードクエスト ここへきてはしゃぎおって。。。 これが3着以下なら馬連は当たったのに!
前にロードはディープスカイに近いと書いたが、その通りなようだ
ディープスカイはNHKマイル勝ち馬 今回メジャーエンブレムがオークスに向かっていてくれてたら勝つシーンもあっただろう 巡り合わせが悪かったね
そしてレインボーライン。。。
ん~上手くいかなかったね~実は馬連はいけるだろうくらいには思っていたんだが。。。
クビ差か、、、 というか登録を見た時点で(これかな、、、)なんて思っていたのに!
大外枠!これにビビってしまった、、、ひよってしまったんだよ!言い訳だが、大外でなければ1頭軸の3複とかにしただろう それなら当たっていた!
うまくいかないな~ けっきょく中枠のシャドウアプローチを評価してしまったよ
シャドウアプローチはヴァイスリージェントは持っていてサンデーもあったが母母父サンデー
少々遠いか。。。
 
最終的には今回はマイル以上の馬で決着したレースだったろう
狙いも悪くはなかった
今回のワンツーがたまたま力が抜けていたといえる 本来ならメジャーもロードもオークスやダービーに向かっていてもおかしくない馬
NHKマイルは基本メンバーレベルが上がりにくいGⅠだ 強い馬ならクラシックロードを進むから
例年のNHKマイルだったならレインボーラインの勝利もあったと思われる レインボーラインもまた、巡り合わせが悪かったね
血統がステゴxヴァイスリージェント系 ステゴってどーなの?とも思うのだが、サンデー系xヴァイスリージェント系というNHKマイルにはまるパターンはこの馬のみで、ちゃんと来ているのだからハズしたがこれは嬉しい
忘れてはいけないのがサンデーサイレンス
最近はサンデーの血だらけとなってしまっているのでついつい意識して見なくなりがちだが、NHKマイルの馬券となった馬ほぼ全部がサンデー持ちなのだからこれはそうとう効いていると思う 今年もそうだ
確実に必要な血だ
その上でヴァイスリージェントやストームバードかな?
ゆえにサンデー系の強豪相手ではヴァイスリージェントをもってしても3着が限界ということだったのだろう
 
さて、、、このくらいか
当たらなかったがこれはこれでけっこう攻略できてるだろ?
また1年待つことになるが、待とう!果報は寝て待てだよ
着実に、、、 前進できていると思っているのだが?
まぁ新潟大賞典の結果を見ると頭痛くなる部分もあるけどね。。。