こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧

マーメイドS

 

ん〜  サンデー直系が強い!

そのような結果となっている  レッドオリヴィアはサンデー直系ではない

申し訳ないが秋山は下手に乗ったと思うが、上手く乗れたとしても  あるいは内がポッカリ空いたとしても、おそらく来てないだろう

4着シュンドルボンまでを見てもとにかくサンデー直系の長距離タイプが良かったようだ

来年もそうなるのかまではわからないが、たぶん来年もサンデー直系は悪くはないだろう

リラヴァティは2番手先行で上手くいった感じだ  この先は怪しいと思うが

上がり最速はヒルノマテーラ  どれが最速を出せそうかの選択でレッドオリヴィアかヒルノマテーラの二択をハズした感じ。。。  しかしなかなかヒルノマテーラからはいけないな

そしてココロノアイね、、、この馬が隠れていた長距離適性が現れたパターンの馬であろう

配合が春天を勝ったフェノーメノと同じ  ココロノアイ牝馬であるコトがとても惜しい馬だ

しかも意外に人気になるからな〜  この先搾取に困る馬となりそうだ

 

シュンドルボンは負けたがちょっと仕掛けが早かった

もし遅らせられるコトができたならあるいはだが、あれはああなってしまう馬なのかもしれない  ゴルシタイプの長くイイ脚を使うタイプという感じで早目に上がった

その場合は距離1800がベストの馬なのだろう  愛知杯も負けたし、2000mは合ってないのかも。。。  逆に2000以外で買いたいな

とりあえず次走距離に注目

 

さて斤量についてだが。。。

全くわからない  今回はワンツーが軽量馬

リラヴァティとマテーラがこの先走るようなら斤量が関係ないコトの証明になりうるのだが、おそらく走らない

マテーラなんかは準OPすら勝ってないワケで今回の2着でどうするのか?OPか  準OPからやり直すかもしれないが、走らなければ走らないほどこの2着はハンデのおかげというコトとなる

ハンデは関係ないとはいささか言い過ぎなのかもしれないが、しかし『ハンデ戦によりハンデの効き具合が全然違う』のは間違いなく、よくハンデ1kgにより1馬身の差が出る、、、なんて言う人がいるが絶対違う

その辺の理由がわかれば当てやすくなるんだけどな〜わかんねーな〜

 

 

エプソムC

 

妙なレースであった

まずエプソムCというのは、このレース自体はショボいもんだが好走馬がその後大活躍するコトがある出世レースの色合いがある

ジャスタウェイ  エイシンヒカリの2頭はその後世界ランク1位となってしまった

はたして今回勝ったルージュバック  今後そんなに活躍するのだろうか?

答えは”否”であると思う

大変に妙なレースであった  なぜこうなったのかはわからないが。。。

 

傾向としてはルージュは買える馬ではあった

4歳が強いので古馬の二流を4歳が蹴ちらすエプソムCにはハマった感じはする

しかし過去エプソムCは間違いなく内枠有利であったはずなのに、今回は外枠有利となっている

馬券は全て二桁馬番。。。なんでイキナリこうなるのかがわからないから馬券をハズすし困ったもんだが、実際そうなっているので仕方ない

逃げたマイネルミラノは別としてルージュとフルーキーは外枠発射と外差しが良かったはずだ

先に挙げたジャスタウェイなんかは不利な外枠からよくぞ2着まで来た!と言える内容であり高い能力を示すもの、内枠からなら勝っていたかもと言える内容

それと比べるとやはりルージュバックはなぜか今回働いた外枠有利にハマった外差しでありそこまで評価できるものではないと思う

 

また血統から、ディープ産駒が全滅している。。。ここは注目である

ディープで最先着が6着ヒストリカル  以下5頭のディープ産駒が沈んでいる

それぞれが強いとは言わないがそこまで弱くもないメンバーで、掲示板にすら載れなかったのはディープ産駒に向かなかったコトを示す

去年などはディープは3着まで独占であったので、去年とは違う馬場であったと言うコトだ

勝ったルージュがマンカフェ産駒

2着フルーキーダンジグxサンデー

3着ミラノはステゴ産駒

少々重い、パワーやスタミナに富んだタイプが好走しており高速やキレが信条のディープ産駒ではキビシかったろう

 

以上の視点から今回のエプソムCは過去5年のエプソムCとはちょっと違う感じであり

おそらく内が伸びないとか、そんな妙な現象が起こっていたと思われるが詳しいコトはわからない

本当はその辺の理由がわかれば一番良いのだが、わからないもんで仕方ない

無理矢理この結果を今後につなげようとしたら

ルージュバックはこの先の活躍は怪しい!

これが今回一番覚えておかなければならないコトか

もちろん今回のエプソムCの馬場に近い条件のレースもあるのだろう  その場合ルージュバックは好走するだろう

ただおそらくクラスが上がるほど

GIはなおさらそのような妙な馬場で開催しようとしないはずなので、今回エプソムCではビックリするくらい強い勝ち方を見せたルージュだが

今後レースによってはルージュバックはビックリするくらい弱い負け方を見せる場合もあると思われる