読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

かいこ〜

函館SS

 

正直ムカつく結果だ

なんでレコード。。。結果差し有利とはなっていない

だがホント何故???なぜにレコード?これはけっこうな問題であり、エアレーションのため時計がかかり差し有利となるハズが速めの時計で先行有利となっているので私の予想ではカスりもしない

ちょっと予感はあったのだが。。。前日のHTB杯が少々前目で決まっており

、、、ん?とは思った  しかし血統がノーザンダンサー系で決まっていたのであまり深くは考えなかったが、函館SSがこれである。。。

 

高松宮記念もそうだがどうやらJRAは短距離コースならど〜も馬場差を激しく出せるようになってきている

よって傾向がその時の馬場によって変わるようだ  これは過去の結果から予想する私のようなデータ派的な人間にはちょっとキツイ状況だ  今回も去年の傾向から差し有利で買っているのだから当然ハズれる

そしてHTB杯はそうならなかったが、函館SSは完全に血統が変わっている

ノーザンダンサー系が良いはずだった函館SSはノーザンダンサー系はあまり効いていない

なんだろう。。。サンデーサイレンスが効いているようだ

エポワスは5着にきたのでノーザンダンサーが悪くはないのだが今回はレコードが出るほどの結果のため少々スピードを問われた

ゆえのサンデーサイレンスではないだろうか?

 

1着はソルヴェイグ

注目の一頭であったが勝ったか  これで重賞2勝でありなかなかの能力を持っているのかも

血統はメジャーxジャンポケ

メジャーxトニービンコパノリチャードがいるのでこれに近いのではないかと思う

コースを選ぶだろう  また芝1200よりも芝1400のほうが良さそう  もう一つの重賞勝ち鞍はFレビューなワケだしたぶん時計がかかる1400がベストか

2着シュウジは惜しかったがこれも1400適性があっての好走くさい

1200がガチというタイプでもないだろう

3着レッツゴードンキを見てもそうだ

というかドンキはもう走らないと思っていたがどうやら内枠なら見限れないようだ

同じキンカメ産駒のヒットザターゲットもそんな感じだが、キンカメというかミスプロ系は内枠なら好走率が上がる

ドンキってそーなんだな  そーいや桜花賞も最内枠だったわ

 

今回の函館SSは、どちらかというと1400、というか1200がガチという感じではない馬が良いようだ

これは洋芝であるためだろう  力がいるので軽い1200のスピードタイプなどは走れずちょっと長めの適性が欲しいようだ

そこでさらにレコード  洋芝で重いながらもそれなりに速めの時計が必要なようでレースは完全に内枠有利となっている  勝ったソルヴェイグは大外だったが先行したのが外枠の不利を消した形になっている

差し有利で◎エポワス、、、もっと言えば後方から飛んでくるだろうと○ティーハーフにしたのは痛い。。。絶対無理じゃん

今回の結果から来年を予想するなら、内枠か先行馬で1400〜マイルくらいまでこなせる印象がある馬  で買えば良いというコトになるがしかし当然、来年がまた今回みたいな馬場になるとも言いきれない

JRAはまた馬場をイジってくるかもしれない。。。私が一番不安を抱くのはそこだ

まったく困ったもんだな

 

 

ユニコーン

 

当たったコトは嬉しいが、堅い。。。

なんとも傾向通りで前走がクラスが高いレースを好走してきた馬が普通に強い

まぁこのレースはこんなもんだろう  たまにはこんなレースがあってもイイのかも

 

ある意味本来の競馬のカタチだ

競馬というのはクラス別に分けて勝ち上がった馬がどんどん上に上がっていくという  優秀な競走馬の選定という話しならその通りとなっているレース

ダートがやはり荒れにくいからね

ダートは芝と違ってコースの形にあまり差を出せないから

坂を造ると砂が落ちてきちゃうし、まぁ実際にはゆるやかな坂はあるのだけれど

コースも芝コースの内側に造るため小回りコースとなるし

違いをつけるなら砂厚か直線の長さくらい

東京ダートコースはまさに最後の直線を長くしており、そのため他場よりもタフになっているよとの理由からこの重賞なのだろう

そして毎年自然と堅い決着となっている

 

1〜3人気でのワンツースリー

もししくじるなら  それはストロングバローズかなぁ〜と考えたのは、ストロングバローズにサンデーサイレンスの血が無かったから

血統で言うとユニコーンSはサンデーがあったほうが良いレースであった

しかしそれも全く関係なく、ストロングバローズも普通に強かった

もう少し走ってみて  もっと強豪が揃わないと面白くないね

どうなるのか。。。このワンツースリーは

もっと言えばワンツーがこの先どうなるか?注目していこう