こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GⅠ スプリンターズS

ん〜キツイなぁ〜   なかなかのメンバー!

はたして絞れるか。。。?

まずスプリンターズSで効きそうなファクターを探したいところだが、のっけからそこが大問題だ

 

昔はスプリンターズSは、まず血統で言えばミスプロ系かノーザンダンサー系が欲しい   ノーザンダンサー系ならとくにダンジグ経由のノーザンダンサー系がなお良い

脚質は先行有利

といったようなレースであったと記憶している

その際バクシンオー産駒にはスプリンターズSは鬼門であった

スプリンターズSというか、中山芝1200mの上級条件はバクシンオー産駒は無条件で切れた時代があった

しかし’10のウルトラファンタジーが逃げ切った年ぐらいから、今まで馬券となるコトが無かったバクシンオー産駒が中山1200を走るようになりはじめた

その’10はバクシンオー産駒ダッシャーゴーゴーが2着   のち降着で4着に決している

馬場のスピード化のためと思われる

この頃から中山1200でバクシンオー産駒を見かけるようになった

 

しかし、、、   それでもバクシンオー産駒はスプリンターズSはいまだ未勝利である

こなせるようになりつつあったがそれでもなおバクシンオー産駒には鬼門のようだ

私としては最後の急坂がバクシンオーのスピードを削ぐのだと思っている

 

またミスプロ系やノーザンダンサー系が強かったはずのスプリンターズSだが

一昨年は馬場改修で新潟開催

去年また中山に戻ってきて開催されたワケだが

なんと去年はサンデー系が3着どころか掲示板までサンデー独占!

スプリンターズSは、バクシンオーにも鬼門だったがサンデー系にも鬼門であったはずで、これは過去のスプリンターズSからしたら異常事態である

ここまでで困るのは

今回1人気のビッグアーサーの取り扱い

そして、サンデー系の取り扱い   である

 

去年のあれはなんだったのか?また今年もそうなるのか?

これはちょっと難解である

改修以降   中山は差しが効くようになった

ディープ産駒もよく走るようになった  なので芝1200mもサンデー系の瞬発力が効くようになった

それは間違いないだろう   しかし流石に去年の独占は出来すぎとも思う

再びのサンデー系産駒の勝利もありえるが、ミスプロ系やノーザンダンサー系がそこまで戦えなくなったとも考えづらく

そして、、、   バクシンオー産駒はどこまで相性が悪いのか?

今年は圧倒的1人気ビッグアーサー   とベルカントも参戦する

私は、ビッグアーサーは敗れると考えている、、、だがどこまで敗れる?

軸にはしないだけだ   バッサリいく勇気は出ない

サンデー系はどーなるか?

母父がサンデー系の馬もいるがここではサンデー直系だけを考える

去年は8頭いてうち5頭が上位

今年も8頭いる   うちディープが半分の4頭

 

また去年は3着までがみなニジンスキーを持っていた

これについても考えてみなければならないが、去年はニジンスキー系の血を持つ馬が中山1200で妙に走っていた

今年はそうでもないように見えるのでとりあえず今年はニジンスキーは考えないようにしてみる

 

はっきり言って今回のスプリンターズSはそうそう簡単に決められないと思う

ぶっちゃけわからない

まぁ競馬なんかいつもそーだが、それにしてもデータ派は去年のサンデーだけで『今年もサンデーだ!』とは言えない   私は言えない。。。

今年はとても重要な一戦だ

私には去年と今年の結果により見えてくるぐらいの感覚である

じゃ買わないの?とはならずもちろん買うけどね。。。

 

今年サンデー系有利であるならば、サンデー系で短距離馬なら

フジキセキ経由   か   メジャー産駒   であろう

もし今年もサンデー直系が良いのであればその理由により

◎5シュウジ

寺山修司からとった名というトコも好きだね

で◯4ソルヴェイグ

と簡単だがこう印をつけよう

私の印象では血統を見たイメージでこの2頭ならシュウジが上かな

▲は1ビッグアーサー

 

人気どころでは

レッドファルクスは切ってみよう

戦績のほとんどが左回り   ここまで左にこだわっているのはおそらく左が得意だからで右回りには一抹の不安が残る

能力は足りると思うがそういう理由により切る

ミッキーアイルは去年の4着

ビミョ〜だが、もうピークは過ぎた印象なので切ってみる

 

 

3連複フォーメーション

 

1,4,5

1,4,5,

1,4,5,9,11,1416

 

3連単1着固定流し

 

4→1,5,9,11

5→1,5,9,11