こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧、ムカつくな〜

武蔵野S

おそらく予想で書いたコトはそこまで違わないはずだが、それにしてもなぜこんなハマったかタガノトネール。。。

あの勝ちっぷりは調子が良いとか展開云々でもなく、完全に適性がハマったからだろう   メチャクチャ強かった   レコード出たし

2着がゴールドドリームで、アリュール産駒が無いと言ったとたんにこんな走られて困るがそこはこの馬も適性かな?

3着カフジテイクも最後の直線がある東京のほうが良いか

重馬場も響いたか、マイルよりは短い1400m得意なタイプが走った感じがある   とくにトネールとカフジは完全にそうだ

血統的にもミスプロ系でミスプロの中でもダート短距離タイプ   これらに東京適性でゴールドドリームが割って入った感じだ

良馬場ならまた変わったかもしれないが、どうも武蔵野Sは1400m寄りのほうが良いみたいでさらに重ならミスプロというコトね

1400m寄りが良いならモーニンの7着は妙な話だが

まぁつつまれたしハンデもあったか?ミスプロ系でないしこんなもんなのかも

 

デイリー杯2歳S

ちょっとペース遅かったか?エリ女もそうなのだが前が残るようになっているな

ペースのせいで前が残ったのか馬場のせいなのか、、、?

とりあえず勝ち馬ジューヌエコールはしばらく注目だがたぶんそんな活躍するまでに成長はしないと思う

2着ボンセルヴィーソなんかもっと買えないだろ

とにかく、、、   前残りがペースのせいか?馬場のせいか?これが重要だ   イヤわかんないんだけど

ペースのせいなら今回だけだが、馬場のせいなら来年もまたそうなのだから

 

福島記念

ん〜   狙った大穴が決まらなかったのは仕方ないが、ゼーヴィントとダイワドレッサーのラジオN賞組が好走したのはちょっとイヤだな

3歳なのが良かったのか、、、?   好走理由が必ずあるはずだがわからないな

勝ったマルターズアポジー   これはもう完全にわかった

マルターズアポジーは今回唯一の前走マイルを使っていた馬で、福島記念はどうやらそれが一番必要らしい

競馬はつねに天気に気をつけなければならないが、良馬場ならもう来年も前走マイルの馬からというコトで良いだろう

マイルの速い流れを経験して参戦した馬に有利となるのだろう

だがゼーヴィントとドレッサーについてはわからん

過去同じようにラジオN賞で良かったから福島記念に出てみた3歳馬はいたが好走していない

3歳が狙えるようになったのかもしれないし、ラジオN賞以降2000以上を使い、そして福島記念に出てきた3歳   みたいな馬が良いのかもしれないし、そこは来年の課題だ

とにかく福島記念はマイルからの参戦馬だな

これが一番信頼できる

 

エリザベス女王杯

さてこれだ   ムカつく結果だ、まぁ腹を立てたところで無駄なのはわかっているが

べつにハズしたコトにムカつくのではない   マンカフェx2で決着したコトにムカついてしまうのだ

 

最初シングウィズジョイにはロベルトが入るのでそのせいかとも思ったがたぶん関係ないだろう

今回のエリ女はマンカフェが効く馬場だったのだろう   勝ったクイーンズリングはまだ強いからというコトにしてもシングウィズジョイは無い   シングウィズジョイがクビ差で2着できたコトから、マンカフェ馬場であると断言せざるえないそして、なぜイキナリそうなるのかがわからないからムカつく。。。

 

春先の重賞でか   マンカフェについて語ったが、マンハッタンカフェ産駒はたしかに京都長距離はよく走る   しかしこれまでエリ女では活躍してなかったのに、、、クイーンズリングも去年は8着だったのに、、、

昔からそうだがマンカフェはいつも失敗するよホント狙いづらいな

しかしどうやらマンカフェは、変な距離に強い!というコトで良いようだ

クイーンズリングは6勝しているがうち5勝が1400と1800で今回が2200

秋天の時もルージュバックについてそう言ったな

 

ただ問題なのは、そうだと知っていてもそこまでマンカフェが走るワケでもないからウザいのと、今後にマンカフェ産駒がそこまで誕生しないだろうなと予測がつくから今さら感がハンパないのだ

その辺が非常にムカつく。。。

 

なかなかのボロ負け具合で最後に競馬のウザさを突きつけられた週だったな

当たらんでもイイ大統領予想は当たるし

如何ともしがたい週だったよ