読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GI フェブラリーS

1回東京8日   ダ1600m   9cm

 

去年は難解すぎて軸を決めずBOXで買った

結果モーニン、アスカノロマンを買っておらず撃沈、、、   しかし掲示板というか、上位に来た馬はそこそこおさえるコトはできていたと思う   私が買っていた馬は3着の下に接戦でなだれ込んでいた

 

フェブラリーSも含めた東京ダ1600mは血統的にはけっこう絞れる条件である

 

ゴールドアリュール

父系か母系にボールドルーラー

この二つは最も重要

次いでキングマンボなどのミスプロ

ヴァイスリージェントやストームバード経由のノーザンダンサー

といった順番が注目と考えている

しかし重馬場など足抜きが良くなるととたんに逆転現象がおこりストームバード系が最重要となってくるようだ

ノーザンダンサーのスピードが活きはじめるのだと考えられる   去年の失敗はここにある

 

去年は重であった

去年の覇者モーニンは父ストームバード系   回顧でも書いたが私は今でも去年重でなく良だったならモーニンは走ったとしても2,3着が限界だったと思っている

弱いとは言わないまでも父ストームバード系のモーニンは距離適性としてはマイル以下のスピードタイプじゃないだろうか?

ダ1400や下手したら1200くらいが丁度いいのかもしれない

少なくともフェブラリーの良には向かないタイプのはずでその後のモーニンが未勝利なのは距離や舞台が合ってないからのはずだ

もし去年が良だったなら勝ったのはノンコだったろう

天気は非常に重要

とりあえず今年は良馬場で行われそうなのだがこれがまた天気予報!

週間天気では週末は晴れだったし実際晴れなのだが昨晩少しだけ雪が降っている。。。

気温も低い   良発表だろうがホント雪を見た時は呪ったよ、、、   不安になるだろ!

 

外枠有利である

芝スタートなところに関係してそうなるのだが、これまた重になると内枠有利とまでは言わずとも外枠有利は消えはじめる

ホントうっとおしいぜ雪よ!

 

若い馬が有利である

地方交流重賞では中央所属の高齢馬なら全然走るが中央ダートでしかも1600mのフェブラリーでは高齢馬はそうはいかない

地方はパワーが求められ中央はスピードが求められるようなイメージ

ヴァーミリアンホッコータルマエなんかがわかりやすいか

晩年でも地方GIは勝てたが中央は勝てなかった

ズブくなっていくからだろう   パワーの才能があれば調教でいくらでもパワーをつけれるがスピード勝負だけは若さが必要

サウンドトゥルーが強いコトはわかっているが年齢が心配

おまけに使い詰めのローテも心配   とどめに最内

切ってみるか、、、

 

距離短縮が有効

過去4年で馬券になった12頭のうち実に11頭が短縮ローテ

延長ローテだったのは去年のモーニンただ1頭

マイル以上をこなすタフさが必要   でスピードも必要なのだから、おぉぉぉ!なんか凄い上等なGIじゃないか!

そしてここにJRAの罠があると見る

プレップレースの根岸Sは本当は全然良いローテにはならないのだ

根岸S組が来る場合、むしろ根岸でちょっと負けているほうが良いくらいである

去年の根岸とフェブラリー両制覇のモーニンは実は相当久しぶり

かなり昔からそうで根岸S組はがんばって3着だったり、とにかく前走1800以上のGI組か東海S組が良い

となるとカフジテイクは怪しくなる

もしJRAが速い時計の決着を望みナニか手を加えて高速馬場になるようならカフジテイクやモーニンは走るだろう   JRAはやたら時計を速くしたがる

重以外に時計が速くならないものなら、やはりカフジは無いんじゃないだろうか?

 

またえらい長々と書いてしまったよ

以上の事柄で予想すると

◎3ゴールドドリーム

内目なのがイヤなのだがゴールドアリュール産駒で前走GI組で4歳

◯11ノンコノユメ

かなりアグネスタキオンの影響が強い   タキオンに入るボールドルーラーの血に期待と、後方から直線勝負の脚質は舞台としてはフェブラリーSが一番合っていると思う

 

年明け一発目のGIだし

去年みたくBOXでなく腹括って勝負するか!

 

 

3連単固定

 

3→11→2,15,16

3→2,15,16→11

 

馬連

 

3→2,11,15,16