こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

GII 金鯱賞

2回中京1日   芝2000m   Aコース

 

エアレーションはしていないので先行有利となるのかな?

 

去年まではGIII中日新聞杯として施行されていた条件   大阪杯GI昇格のため大阪杯のプレップレース的な意味で用意したようだ

そしてGIII中日新聞杯ハンデ戦

GII金鯱賞で別定へと変化する

はたしてどう影響するのか?

実際ルージュバックやらヌーボォレコルトなど共に牝馬だが、中山牝馬Sがあるにもかかわらずこちらに参戦したのはGIIだからだろう

ヌーボォなんかはGI馬としてのプライドでもあるのだろうか?中一週はちょっとキツイだろうによく出したね   叩いて上向いたか?そう簡単にはいかないと思うが。。。

 

なかなか傾向が捉えづらい、まぁこのレースに限らず私はとくに中京は苦手なんだけど

去年の中日新聞杯は過去好走の無いトニービンが突然炸裂したし、開幕初日ゆえ馬場についてもイメージしづらい

血統的な良し悪しは語りづらいよ

そもそも中日新聞杯が昇格したイメージで考えるか?暮れに行われていた金鯱賞をイメージして考えるか?どーすべきかわからない

私のようなデータ派みたいのはこういうレース条件をいじられた場合弱い

 

中京は非常にタフなコースである

JRAは東京中山京都阪神の主要4場所しかGIを置きたがらないが、高松宮記念と最近はチャンピオンズCを中京で施行するようになった

4場所の次に面白いのは中京だからである

主要4場所以外なら中京コースが最もタフで勝ち切るには実力が必要だからである

売り上げの面での考えもあろう   都心部以外でなら比較的人が集まるのが中京だったのかもしれない

そんなこんなで中京コースはタフに作り変えられてきたはず

今回の中京2000mという条件は私からしたら実は阪神2000mよりもGIに適した条件ではないかとすら思える

最後の直線は各馬かなり底力的なものが求められると思う

いきなりトニービンが炸裂するようなコース

つまり下手にマイラー的な切れ味が持ち味な馬でも脚があがって走りきれない

そこへトニービンなんかのスタミナがハマったのだと思われる

今回そうなるかはわからないが、もしかして大阪杯よりも春天に向けての叩きのほうが相応しいんじゃないか?なんて考えてしまうよ

 

どう読もうか?

単純に

2000m以上をこなす馬、血統

2000m以下をこなす馬、血統

で分けてどちらかに張ろうかな

どちらグループにも人気馬人気薄いて気が引けるが、、、   わからないもんでこんな感じしか攻め手が無いよ〜

去年の中日新聞杯トニービンサドラーズウェルズトニービンで2000以上的決着

去年の金鯱賞はキンカメ→クロフネトニービンの決着で3着にトニービンがいるにはいるが間に合わなかった感じ

去年の暮れの金鯱賞は2000以下的決着だ、なんせクロフネがいるからね   あの時はビビった

雨も無く開幕で芝パンパンと考えると時計が速くて2000以下が走りそうな気もするが。。。

中京のタフさを語ったワケだし、2000以上的決着に張る!

 

ザックリだが2000以上として

3ナスノセイカン

4ルミナスウォリアー

タッチングスピーチ

ヤマカツエース

7アングライフェン

8スズカデヴィアス

10サトノノブレス

の7頭としよう

キャー!プロディガルサンやらステファノスやら切っちまったよ   怖い!

戦績や血は2000以下の馬もいるがそこはどちらかが2000以上になっている馬というコトで抽出する

エアレーション無しで先行有利と踏んで

◎は大穴8スズカデヴィアス

キンカメは中京2000をよく走るようになった

ほとんどを長距離戦を選んで戦ってきている、しかし血統的には長距離馬とは言えないが、まぁどうせわかんね〜からあえてこのくらいからいったる!

◯は10サトノノブレス

中京に3着以下無し

 

 

 

3連単マルチ

 

8ー10→3,4,5,6,7

 

 

馬連

 

8→4,6,7,10