こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧ばい

青葉賞

3連複にすりゃ良かった〜

なんて、、、去年は馬連なら当たったのにー

て言ってんだから、悔しいコトこの上ないね

フローラ云々は関係ないか   青葉賞青葉賞なようで、去年と同じような予想で正解には近づけたレースだった

 

やはり少々重い血が効くようで、ロベルトやサドラーズウェルズがある馬がイイね

2着ベストアプローチは前走2000mからのローテで久々に馬券となった馬   その前走の弥生賞でもっと長いほうが良いなと思ったからここでも買ったが直系がサドラーズウェルズ

勝てなかったのはサンデーが無いからか?いずれにせよキレ味的なスピードは無いがだから距離はこのくらいは欲しいしワケでもっと評価すべきだったな

終わってみれば『そーだなぁ〜ここだなぁ〜』と思う

 

◎にした3着アドマイヤウィナーはワークフォース産駒

キングマンボ経由でさらに途中にサドラーが入るためミスプロの中でも長距離砲が出やすい

ここだなぁ〜勝てなかったけど

勝ち馬は出てないが、大寒桜賞はもう青葉賞の王道ローテでイイね

 

勝ち馬アドミラブル   なかなか強かった

ダービーで活躍できるだろうか?

私としてはあまり推せない配合だが、今年は混戦なので枠順次第では買わないとならないな

しかしすんなり勝たれてしまってちょっとつまんないレースだったな

 

 

天皇賞   春

そーか、、、シュヴァルグランのほうね

シャケトラとシュヴァルの二択をしくじった感じ

終わってみればだが、シュヴァルだなトニービン持ちだし。。。

 

ザックリとだが春天

【ロングスパートNo. 1決定戦】

て感じなワケだ

いわゆるステイヤー的な力、マラソンランナーNo. 1決定戦ではない

ステイヤー的な意味なら当然暮れのステイヤーズSのほうがそうだろう

JRAがステイヤーズSや阪神大賞典、あるいはダイヤモンドSをGIにせず京都3200mにGIを設置したのはそういう意味があるからだろう

元々競馬は優秀なサラブレッドを選定する競技であり、今の春天は『どれだけ長くイイ脚を使えるか?』というのを試されているレースなのだ

スピード化が進んでいる昨今の競馬ではロングスパートが得意なタイプは生まれにくいため、一たび生まれればその馬は2度3度馬券となりやすい

ロングスパートが得意な血統の代表格はトニービンなのでトニービン持ちも2度3度馬券となるというワケね

ちなみに秋天は【瞬発力No. 1決定戦】となりやすい

 

ロングスパートできると思ったんだがなシャケトラ!

完全に止まったね   スタートしてかかっていたようだが経験不足の幼さが出たか?あるいはロングスパートの才能は無かったか

どっちもクサいが残念だ   マンカフェ産駒は京都くらいしかチャンスが無いのでそこそこ能力あるとしてもこの先はちょっと買いづらくなるな、、、GIならあるとしたら有馬かな?

 

ワンツーはリピーターだし内目の枠だったし語るコトもないな

 

サトノダイヤモンドだ   やはり強いだろうよく走っていると思う

私は3着をハズす可能性は高いと思っていた

数々の強豪が沈んできた舞台でありサトノも5着くらいかな?と考えていた

これは能力が高いだけでなく気持ちも強い、もはや名馬で良いんじゃない?

馬券圏内を外さないというディープやオルフェ、ブエナやスカーレット級の戦績になりつつあるね

さて凱旋門賞だ   合わない条件のはずだがその負けん気でどこまでいけるか見せてもらいたい

 

しかし馬券は堅かった

メンバー的に仕方ないね

来年だね荒れるなら   流石にキタサンもシュヴァルもピークは過ぎ引退してる可能性もあるし

サトノダイヤモンド春天を来年また挑戦とはならないだろう

 

なんかけっこう好きになってきたな春天が、来年の春が待ち遠しいな