こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

シリゥスとス・プリン・ターズステェークス和え 凱旋門からの風を添えて

シリウス

 

ん〜   なんでじゃ???

メイショウスミトモねぇ、、、難解だな

 

まず勝ったメイショウスミトモ   2着ドラゴンバローズは共に母父ダンジグ系

今回は母系にダンジグがある馬が良かったというコト

しかし今まではそんなダンジグが重要なレースではなかった   そこが不思議

そして過去ゴールドアリュール産駒が馬券になっていなかったためスミトモ切ってるワケだが、どうやらゴールドアリュールがダメなワケではないようだ

傾向に合うか合わないかという話なら傾向通りではある

スミトモもドラゴンバローズもピオネロも芝走ってもおかしくない血統だ

とにかく芝っぽい血統   これがシリウスSには重要なようだ   イヤわかってたコトだけどね

 

今回はゴールドアリュール産駒が多数出走していたのである意味良いサンプルにはなったかな

マインシャッツとかタガノゴールドは母系がダート色強い   だからダメだったクサい

ブライトアイディアはアリュールxトニービンで芝色強いがコレはただ弱いだけか

 

スミトモはなんかホント芝コースみたいな差し脚が決まったな

そこについては天気は重要で、稍重とかになってくると決まらず前が残ったりするのだろう

とはいえ改めて馬柱を眺めても

『スミトモがくる!』と言えるような要素が芝色強し以外とくに見当たらない。。。

まぁ私に限らず多くの人がそうだったから11人気だったのだろうな

ムヅカシいな〜   来年は芝っぽい血統の馬が少なければイイなー

 

 

スプリンターズS

 

かつての中山はノーザンダンサー系が強かった

クロフネとか、ダンジグを持つ馬とか

けっこうさかのぼれば中山はとにかくノーザンテーストを持つ馬が馬券になるなんて時代もあった

それがだんだんスピード化してきたからだろうか?ミスプロやバクシンオーが馬券になりはじめる

とくにバクシンオー産駒が走りだしたのはビックリしたね   さすがに上級条件になってくると厳しくなったりしたが、中山ならどんな条件だろうが問答無用で切れたのがそうでもなくなってきたのだから驚いたよ

そして今   時代は完全に変わった

 

もはや改修以降のスプリンターズSは完全に直系がミスプロかサンデー   さらに父ミスプロ系の場合は母系がサンデー系であるコトが好ましいと

こんなところだな

今回は3着までミスプロ独占   さらにワンツーは母系がサンデー系

こんなにわかりやすくなっちゃってイイの?ミスプロかサンデーに1400m以上適性をはめ込めば毎年当たっちゃうんじゃない?

まぁ油断しているとすぐ足元すくわれるから気をつけつつ見ていかないといけないが、来年もエアレーション云々などとくに変わったコトが無ければこの感じで的中に近づけるだろう

 

しかし血統的にはコレで良いが、ペース次第で多少来る馬が変わるとは思う

今回モンキャンを狙ってそれは不発だったが、これは外枠発射とスローが影響したものと思われる

14着と大きく負けたがもし内枠だったならちょっとは違ったのでは?

またハイペースなら前は止まり、その場合はちゃんと伸びてきたと思うんだけどな、、、まぁ確証は持てないが去年同じキンシャサ産駒のシュウジが3歳で4着出来たワケだし

 

前半3ハロン33,9は逃げたワンスのぶん

2番手以下は34秒台で走ったのでこれはG Iにしては遅いだろ

結果このコースに向く末脚を発揮できるレッドファルクスとドンキが伸び、ワンスも余力があるため3着に残ると

内枠有利もあるな   僅差の4着に1スノードラゴンが来てるかんね!

この感じでは二桁馬番の馬は先行型しか勝負にならなかったろうな

 

馬場の荒れ具合も気にしとかないとな

もし内が荒れれば外から捲りが決まるんじゃないかな?来年はその辺も気にしとこう

 

とりあえず今回はサンデー系は少なかったし外めに入っていたため馬券とならなかったがサンデー直系も良い穴馬は出るはず

またミスプロxサンデー系は当然良いし

こんな感じで出来るだけペースと馬場を読んで来年は勝負しよう

 

 

凱旋門賞

 

エネイブルの勝利はつまらないが仕方ないね

これまでの傾向を考えると当然の結果か

 

それよりもクロスオブスターズだよな〜簡単にガリレオ馬券にしてしまったのが失敗だった

去年のガリレオ独占は特殊な事例だったのかもしれないな出来すぎ感あるし

父はダンジグ系で母系はキングマンボ系

もしかして母母父にミルリーフが入るのも良かったのかもしれない

重たい感じで効いていると思うねミルリーフなんか

 

とはいえエネイブルもガリレオ系だし3着ユリシーズもそうで

そもそもヨーロッパはサドラー王国   来年もサドラーズウェルズでとくにガリレオ経由の直系の取捨は問題となるな

 

それよりもサトノダイヤモンドは大丈夫か?

残念ながら天気も晴れなかったし15着は仕方ないだろう

やはり合ってないよ   フランスに合っていない!

 

ディープインパクトオルフェーヴルも最後の直線で交わされてしまった

ナカヤマフェスタも追い比べで敗れた   エルコンドルパサーは逃げて最後モンジューに交わされた

ディープの時レース後武豊

『はじめて後ろから交わされてディープはビックリしていた』みたいなコメントを言ってた

そうなのだ   ディープやオルフェは日本の競馬場なら自身が他馬に直線で競り負けるなどありえない

しかし凱旋門賞ではみな最後の最後に脚が止まり敗れている、、、

その【あともうちょっと感】が凱旋門賞固執させられてしまう要因かもね

でも合ってないから止まってしまうのだ   この【あともうちょっと!】には宇宙空間なのか異次元なのか

途方もないナニかの存在を感じる。。。

 

それでも凱旋門賞に挑戦するなら

私としては今のところステイゴールドで挑戦するのが一番イイと思う

なんだかんだで一番惜しい競馬をしているのはオルフェとフェスタだ

ステゴ系なら重たい感じもあってなんとかなりそうな気がする

オルフェーヴルの1回目の凱旋門賞はホントに惜しかった   4歳牝馬ソレミアに敗れるのだが先行内めにいたソレミアと後方から捲って外から伸びたオルフェの一騎打ちで、パフォーマンス的にはオルフェーヴルも凄いものを見せた

馬場が合っていないため最後止まるのだが   もしもうちょっと先行できていたなら!とか   仕掛けを少し遅らせてみては?とかで異次元をねじ伏せられないものだろうか?素人考えかな、、、?

なにはともあれオルフェーヴル産駒やゴールドシップ産駒で強いのが出た場合

ぜひ挑戦していただきたいね

 

運も必要だね   オルフェの2回目はトレヴに完敗

今回のエネイブルもそうだが日本でもブエナビスタジェンティルドンナみたいな馬は生まれてきて、当然向こうにもそんな牝馬は生まれている

凱旋門賞はハンデ的にもそういう女傑がいた場合ほぼそれに持ってかれるので運良く女傑がいなかった年に挑戦できるに越したことはない

 

出来ればドゥラメンテなんかちょっと挑戦してみてほしかったんだよな

キンカメが凱旋門賞でどうなのか興味深い

エルコンドルパサーキングマンボxサドラーズウェルズ

なのでキングマンボ系のキンカメで一回走ってみてほしいもんだ

まぁキンカメは日本でマイル〜2000mくらいが一番守備範囲   重さも無いからたぶん凱旋門賞無理なのだろうが一回くらい誰かキンカメの強豪をぶつけてみてほしいな