こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧むにだ

スワンS

 

枠順ネタはホント機能しないな〜まぁ枠を考えた予想はしなかったのだが、ちょっと今回どうなるかはかなり気にかけてた

意外と外枠が走るスワンS

改めて考えてみると今年のスワンSは台風のため重馬場で例年と違うのだからべつに傾向が変わっててもおかしくないというか、むしろ変わるのが当たり前か

完全内枠有利だね

 

1枠2枠で1着〜4着しており内枠が競馬しやすかったというか、外枠が競馬しにくかったが正解かな

ドンキは3着となってしまったが少し不利があったか?

ただ不利が無かったとしても上手く内をついたサングレーザーとヒルノデイバローより先着できたかはビミョ〜

サングレーザーとヒルノなら勢いあって若いサングレーザーに軍配が上がった感じ

 

3枠より外に入って敗れた馬達について語るのはあまり意味はないと思う

そうとう力がないと入着できないのだから

来年について参考になるとしたら重いと内枠有利になりやすいぞと

 

しかし、、、本当に考えなければならないのは何故ヒルノが2着できたのか?だ

それが全然わから〜ん!

1400mにそこそこ強い戦績をしているがそもそもこの配合で何故1400mに強いのか?

スワンSに限らず1400mてのは下手したら一番ムヅカシいよ意味不明なレースが多い

困ったチャンだな

 

 

アルテミスS

 

◎ラッキーライラックが勝ってんのはイイんだが2着サヤカチャン!?

逃げ残りだ   これはJRA良馬場発表なのだがホントにちゃんと発表してんのか?

稍重くらいにゃなってんじゃね〜の?

 

リーチザクラウン産駒   もしかしてスペシャルウィークの重適性かな?

スペシャルウィークは雨に強かった   ニジンスキーの影響と思われる

ニジンスキー系を持っていればみな重くなった馬場に強いワケでもないが、スペシャルウィークは雨だとパフォーマンスを上げた

特別そういう傾向があるのは他にはサドラーズウェルズ

どうも日本では雨の場合ノーザンダンサー系の血でパフォーマンスが上がる時がある   これも全てのノーザンダンサー系でそうなるワケではないが、サドラーとニジンスキーはその傾向がありサンデーxニジンスキースペシャルウィークはサンデー系の中ではそういうタイプだった   リーチはそれを継いでいるのかもしれない

ただその適性もビミョ〜なんだよな

もし今回そうだったのなら牝馬戦だったからだろう   牡馬と混合なら適性は発揮されにくい

牝馬同士の非力さの中で浮かび上がってきたのかな?牡馬はそんな適性がなくても力強く走れたりするので

リーチの雨適性は頭の片隅に置いとくくらいで今後見ていこう

 

3着ラテュロスは能力で来たか

配合は良い   ちょっと小さい馬なようで今後体重に注目かな

 

アルテミスSを凱旋門賞的と言ったがそこまでではないかもしれない

がステゴ経由のオルフェ産駒はちゃんと来たし一つそういう見方は通用するだろう

ただど〜やったらサヤカチャンあぶり出せたかな〜?

キビシーよなぁ。。。

 

 

天皇賞   秋

 

強いなキタサンブラック、、、私としては今回が一番強いんじゃないか?と感じれたぐらい

獲得賞金がディープやブエナを抜いて歴代4位になったらしい   誰がここまでやると予想できたか?とんでもない名馬に登りつめたよ

水を差すワケではないが賞金がディープを抜けたのはディープの頃とはちょっと違う賞金形態レース形態だから

ジャパンカップは金額が上がっているし大阪杯は昇格している

ディープは4歳で引退   キタサンは現在5歳でG I挑戦回数も違ってくるしね

またキタサンは枠の引きも凄いものがある

もろもろ含めて強運の馬でもあるよな今回も雨は味方したはずで良馬場だったら勝てなかったかも?イヤ勝てたかな、、、?

ディープインパクトも運のイイ馬でディープは晴れ男だった

ディープが走るとなると空は晴れ雨が止むワケだ、重や不良だったならさしものディープも怪しいレースが出たと思う   持ってるよな〜名馬達は

 

雨   これはやはりキタサン、クラウン、レインボーラインの3頭に味方したのは間違いない

3着レインボーラインから4着リアルスティールまで5馬身も離れており他が完全に戦えていない

クラウンは2200m以上ないと走れまいと軽視したんだが走られたな

マルジュ産駒で外国産馬のサンデー無し

ノーザンダンサー系でヨーロッパ血統というコトで重馬場に強い

だが血統以前にわざわざ外国から買うだけのナニかがあったんだろな   そのナニかは私にはわからない

今回は負けたが香港と宝塚のG I2勝は大成功の部類だよね

 

レインボーラインはやはり面白い

今回上がりがかなりかかっており半数以上が40秒以上を記録している

スピードが必要なレースでは負けるが今回のような上がりがかかる馬場で距離2000以上ならこれからも良い競馬をするだろう

 

ホントは◎にしたネオリアリズムもそういうタイプなんだけどダメだったな

私が考える敗戦の理由は二つ

ノーザンダンサーが入っていないコト

東京で重いとノーザンダンサー系が必要というのがあるのかもしれない   とくにこれくらいの距離で

まぁキタサンブラックにリファールがあるにはあるが薄いというコトもあるのであまり強く言えるものでもないが、開催通してノーザンダンサー系の血はよく効いているのであったほうが良いくらいは言えるか

もう一つは単に調整に失敗しているコト

どこぞの新聞やネットでは調教バツグンみたいな話もあったがたぶん失敗している

けっきょく体重が+16の526kgだった

私は体重をあまり気にしないのだがそれは実は競走馬の体重を正確に測る術は存在しないから

なので体重はあまり気にしてもしょうがないのだが大型馬や小型馬は別で大型馬は太りすぎに注意、小型馬は痩せすぎに注意

極端な体型に出ている馬はさすがに体重の影響が出やすいだろう   ネオが500kg台とか510kg台だったなら走ったかもしれない、、、たらればで検証のしようが無いが

なんにせよけっきょくネオリアリズムの調整は失敗していたでイイと思うな   生活的な事情により馬券を直前に買うタイプでない私はこういうのには弱いな

 

しかしまぁキタサンブラックかな

その強さにつきるね   地味で玄人受けするタイプだな〜あの粘りはスゲーよ

しかも出遅れたからな   強い馬はなんでも出来るもんだが見事に巻き返してみせたよ

脱帽モノだったよ