こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

G II 弥生賞

2回中山4日   芝2000m   Aコース

 

ヤル気出ねぇ〜!ダノンプレミアムが人気は圧倒しているがワグネリアンと合わせて2強

この2強は強いだろ   チューリップ同様この強豪にビビって10頭立てとなっている

3単しか買えないかな、、、ど〜なっても堅そうだな〜

 

血統的に死角はあるとは思う

ディープ産駒はおおよそだが母系がノーザンダンサー系である馬から重賞クラスが誕生する

ディープはその人気と実力から繁殖牝馬を集め産駒はかなりの数がいるので圧倒的サンプルとなり統計的に否定しようがない

弥生賞においては過去ディープ産駒が3勝していて

カミノタサハラ   マカヒキ   カデナの3頭は面白いコトに全馬ディープxフレンチデピュティである

フレンチはノーザンダンサー系   フレンチばかりとなっているのは特別フレンチが中山適性が高いのではなくたまたまだろう

今回ディープ産駒は3頭いてみな母系がノーザンダンサー系ではない

ただ、、、とはいえ他がこの3頭を止められそうにもない。。。

 

ダノンプレミアムはディープxインティカブ

インティカブはロベルト系であり私としてはあまり認めたくない配合

ただ母母父はダンジグ系でインティカブにもダンジグがありプレミアムの母インディアナギャルはダンジグ色が強い母親

そこはひょっとするとなのかも、、、配合的に上手く転べば大物となるか?

そうでなくともロベルト持ちは3歳前半くらいまではよく活躍するので弥生賞ならまだ強い走りを見せてもおかしくない

脚質的には初速が速い先行タイプ   あまりディープに似ているとは思えずインティカブの影響がデカイのか?

 

ワグネリアンはディープxキンカメ

現在のクラシック戦線、とくにダービーではディープとキンカメの一騎打ちな様相を見せていてワグネリアンはその父親同士の配合となる

だからといってそれがそのまま好配合とならないのが競馬   そのうち沈んでいくんじゃないか?とか思っている   少なくとも重賞勝ちまくるスターホースとまではならないと考えている

脚質的には溜めて弾けるディープの影響が見て取れるタイプ   おそらくダノンプレミアムより後ろで競馬して、プレミアムを目標に仕掛けるだろうからとどくかどうかは一つの見所

 

オブセッションはディープxスモークグラッケン   スモークグラッケンはミスプロ

たぶんそこそこ先行するディープxミスプロ系らしい馬になりそう   能力高くともローカル重賞とかそんなのが合っていそう

 

まいいや今週は

なんかあんまゴチャゴチャ考えても大した配当になりそうもないのならテキトーにいっとくか

 

◎9ダノンプレミアム

◯8ワグネリアン

けっきょくプレミアム押し切りのワグとどかずてオッズが示す通りにいったろ

相手は

オブセッション

3ジャンダルム

10サンリヴァル

の2勝以上している馬

 

 

3連単固定

 

9→8→1,3,10