こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

G III フラワーC

2回中山7日   芝1800m   Aコース

 

この間のオーシャンSだったな馬格のあるデカイ馬が良かったのは

そういうコトは中山ではけっこうある   てか改めて過去のフラワーCを見ると昔はそうでもなかったが’14バウンスシャッセからだ

確実にデカイ馬が勝っている

 

しかしコレもなかなか読み解くのはムヅカシい

もともとフラワーCは長距離に強いスタミナタイプが好走してきた

基本的に競走馬はデカイ馬ほどダート短距離タイプ

小さく細身な馬ほど長距離タイプ   バウンスシャッセ以前はそんな馬も馬券になっていた

例えばディープは小さい馬だったし、ブエナは足首なんか親指と人差し指でつかめるんじゃないか?て感じの脚をしていた   実際つかめるかどうかは知らないが

とにもかくにも馬的にシルエットがキレイな馬ほど芝長距離タイプなのだ   これは昔からの競馬格言なんかでもよく言われている

『小ちゃい馬は長距離馬』とじっちゃんも言っていた!

 

まぁ馬格のある馬でも長距離馬はいるのでメイショウサムソンみたく

そんな馬を狙えばイイのかな?

しばらく中山はキングマンボが良かったが今年はなぜかふるわない

他で言うと   ロベルト、サドラーズウェルズトニービンあたりが中山強く長距離タイプ

またフラワーCはサンデー系でない馬の成績が良い重賞

その辺も意識したい

 

しっかし相変わらずショボい重賞だな

まぁ仕方ないよな   変な重賞だもんな条件も時期も

重賞勝ち馬のロックディスタウンなんかが出てるだけまだ今年は豪華かな

 

◎はその4ロックディスタウンだ

オルフェ産駒というコトでサンデー系ではあるがサンデーでもステゴ系

480〜490kgくらいある今回のメンバーで最もデカイほうの馬

札幌2歳で牡馬を蹴散らしてしまったトコに期待したく、前走阪神JFは長距離馬だというコトなら度外視でイイ

馬格ファクターを採用するならコレしか浮かばない   今回はロックに賭けてみよう

 

 

3連単固定

 

4→2,3,10,13

 

馬連

 

4→2,3,10,13