こっちゃまの重賞日和

毎週末におこなわれる中央競馬の重賞予想ブログ

回顧アンドルビー

ローズS

 

ふぬぅ〜!スロー??

いやペース遅いんだがそれだけか?馬場が例年とは違う気がする、、、

ちょっと例年の傾向とは違うレースとなっている。。。

ローズSは上がり最速を記録した馬は必ず馬券となっていたが今回上がり最速はワルキューレの33,1   次いでウラヌスの33,2

ウラヌス5着ワルキューレ6着と同じような着順に敗れた   二頭はたしかに最後方からのスパートだが、ウラヌスなどクビクビ差で3着にかなり肉迫していて勝てずとも2,3着には刺さりそうなもんがとどかず、例年なら前にいるカンタービレは垂れたはず

だいぶ前に有利だったのだ   番手で進めたカンタービレが上がり33秒台が出てるかんな   これでは後方勢はかわせない

 

カンタービレかぁ〜たしかにディープxガリレオでサドラー持ちとして血統だけは傾向にハマる

しかし先行脚質を嫌って相手に下げたんだよなぁ〜どうあがいても軸にはしなかったよ

2着サラキアはやはり出遅れた   が今回はそのぶんを取り戻すため前半少し追った

結果位置取りは悪くはならなかったが3歳戦のトライアルだったからまだ良かった感じ   G Iや古馬となってからあの出遅れが毎回あればちょっとキビシーだろここだって結局は勝ててないワケだし

なんとも買いづらい馬だな、、、

3着がラテュロス!だが私の考えていた感じで馬券になったのではなかった   もっと前、むしろハナに立つくらいにスタートすると思っていたがここでイキナリ溜めて中段ちょい前くらいからスパートするカタチになりディープっぽさが発揮された感じか

終わってみれば予想通りディープ独占なんだけど思ってたのとは違う感じで私の馬券は当たらないわな。。。

 

ゴージャスランチが押して押しての逃げ   4着なのは馬場が味方したみたいで血統は味方しなかったから4着みたいな感じ

もし私が的中させるコトが出来たとしたらサラキアを本命視できたかどうか?なのだが出遅れを不安視したのだから印は打てなかった

◎トーセンブレスはシンガリ負け   レース展開が早めに仕掛けるロングスパート競馬となってしまっていてそれはブレスに合わないから

長くイイ脚を使う馬でなく直線で末脚を爆発させるタイプなのに、、、

直線早々にバテるのは仕方ないよな   ステゴやハービンジャーの乗り方のようでベテラン柴田なんだがもうちょっと考えて乗ってもらいたい

ただそれにしても負けすぎなので、ちょっと馬自体がもうやる気無いのかもしれないな

牝馬は比較的人に従順で乗りやすいもんだが、一回ヘソを曲げるとなかなか復活してこないのでブレスはもうダメなのかもな。。。

 

血統傾向は変化なし   だが来年は馬場を意識しないとな

今回のローズSは血統さえ収まっていれば脚質は関係ないといった感じだった

 

 

セントライト記念

 

チクショ〜惜しいぜ

当てれなかったのはブレステイキングが思ったほど伸びてないからだが、なんだろなぁ〜?ディープxミスプロではあるが王道的なほう寄りでセントライト記念には合ってないんじゃないかな?

さらにレイエンダに2着されたので馬連もハズすし、、、

くやチィー!

 

まジェネラーレウーノはそうだな   やっぱ強いな   個性的だし

強い馬てのはなんかしらの能力が特化しているというコトで、ゆえに個性的なレースっぷりで面白い結果が出たり、個性的な脚質や性格になったりするもんだ

出走したらなにかが起こる、、、みたいな   逆に得意な展開や馬場でない場合あるいはビックリするほど負けるコトもあるかもしれないが、今回みたくそこそこ距離があって上がりがかかるレースなら守備範囲だろう

キタサンブラックみたくなれるかどうか?はまた別の話だがとりあえず次は菊花賞

舞台として悪くはないと思うがあまり合っているとも思えないな   現時点で見る限り中山の長距離が一番イイだろう   菊では能力がどこまで通用するか?が問題だが内枠は引きたいよな

 

レイエンダ、、、2着するか!

まぁ母系がロベルトってのも効いたのかな   さらに兄みたくそれなりの能力はありそうだ

が勝てなかったのは今後のローテを左右する

この厩舎なので勝っていれば秋天に進んだ可能性が高いのだが2着では賞金的に無理

すでに次はG IIIチャレンジCにしようか、、、なんて話も出てるようだが菊には来ないなおそらく   菊でも好走出来ると思うが勝てる可能性は低いよなキンカメでは

はたしてどうなるか?兄もまだ引退してないのでどこかで兄弟対決でも見たいよな

 

で3着はグレイルかぁ〜

4着ブレステイキングを挟んで5着オウケンムーン

ブレステイの伸び脚が悪いところトニービン持ちの2頭が差してきている

ブレステイはレイエンダを意識して併せていって完敗したところグレイルはレイエンダ、ブレステイよりも後ろから一呼吸遅れてスパート

レイエンダに挑んで負けたブレステイを自分の競馬に徹したグレイルがハナ差差し切った感じ

私としては如何ともしがたい競馬だ、、、もうちょい違っていれば3単は当たったかも

このレースにトニービンは悪くはなく、ディープ産駒なら母系がもっとマニアックなほうが良かったて感じかな

 

まぁしかし読み解くのが少々ムヅカシい

だいたい走りそうな血統は重めな感じではあるが距離が2200mなぶんそこそこスピードあるタイプでも通用する時もありそうでディープもまた来る時は来るだろう

今回レイエンダに2着はされたがキンカメが良くないってのは正解なはずだし

なんかセンス的なもんが必要だなこのレース当てるのには。。。